イケア(IKEA Tokyo-Bay)に行ったら、いろいろすごかった

千葉にあるイケア(IKEA Tokyo-Bay)に行ってきました。

黄色いショッピングバッグがでかい

 

入り口入るとすぐに、定員さんがショッピングバッグを配っていました。

が、購入するかどうかも不明だったので、スルーして、誘導されるがまま正面のエスカレーターで2階へ

イケアは広いっ!だからあちらこちらにある案内表示

あちらこちらに設置されている案内板。

近づいてみると

フロアマップの横には、かわいいイケア鉛筆と、ショッピングメモ、下には紙のメジャーが備え付けてあります。

イケアに来たのは、もう10年以上も昔。

イメージがガラリと変わっているよーな印象です。

 

あと、とにかく、広い。広すぎる。

2階は家具が部屋のイメージで展示されているのですが、雑貨が見たかった私は、もうウロウロ。

フロアーガイドで、欲しいものは1階にあることがわかってはいるのですが、

どこから1階にいけばいいのやら…。

 

私は、どこにいるの?状態が続きます。

可愛いアイテムに飽きない

しかし、可愛くディスプレイされているので、目移りもするし。

キッチンの小物入れ

S字フックにかけて使ったら、ちょっとかわいいなぁ、とか。

袋を収納するのに良さげなアイテムが299円とか、めちゃ安!

…とまぁ、どれを見ても、楽しい!

イケアのトイレはどうだ?

ここまでキレイなディスプレイを見ていると、

ふと

「トイレはどうなのよ」

と興味が。

で、入ってみると

メタリックで統一されたトイレ。

これって、イケアっぽいの?

 

トイレはさておき、2階だけで

1時間ぐらいを費やしてしまいました。

倉庫を抜けると、そこはセルフレジ。

やっとの思い(?)で1階に。

まぁ、そこでもいろいろな誘惑が待っていて、30分は軽く過ぎ去っていく…。

 

で、最後のエリアは巨大な倉庫エリア。

ショッピングリストに記入したエリア番号に商品があるので、自分でピックアップするというしくみだということを、帰宅したから知った私。

そこを抜けると、レジ。

だけど、セルフなんだね、これが。

 

バーコードも自分で読み取り、会計するんだけど、なんだかドキドキ。

セルフレジなんて、慣れてないもんね。

ショッピングバッグ回収。袋ないんかぃ!

会計が終わると

「ありがとうございました。袋もらいます」

と、ショッピングバッグが速やかに回収されるんだね。

ってことは、バッグ持参してなければ、有料のバッグを買うべし、ということなんだわ、これが。

 

買い物したら、バッグがついてくるのが当たり前の生活をしていたんで、

ちょっと盲点。というかびっくり。

 

たまたまバッグもっていたから良かったものの、なかったら…ねぇ。

 

…ということで、ほぼ初めてのイケア探索は終了。

 

イケアは楽しい。

また近いうちに、遊びにいこっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください