甘くない、ジューシーじゃないJAえひめ中央の「せとか」が超マズい。ひどすぎる贈答品は誰が悪いのか?

「せとか」という柑橘類が、母から送られてました。

dav

せとか」は皮が薄く、また香りも良く、柑橘界の最高峰と言われています。

外皮も内皮も薄いので、夏みかんサイズの実なのに、普通サイズのみかんのように、皮ごと食べられます。

 

宅急便を受け取った時点で母にお礼の電話をしました。

「食べていないけど、知り合いの八百屋さんがおいしいっていうから。結構高いのよ」と。

 

高級柑橘類は、自分ではなかなか購入しないので、

喜んで、食べてみました。

 

が。

 

「まずい!」

 

全然甘くなく、

パサパサした粒。

せとか2

写真では、なぜかおいしそうに見えますが、写真下部に写っている実を見ていただくと、実の色の薄さが、わかっていただけるかと思います。粒がスカスカした状態です。

 

近くのスーパーで購入した

安いみかんのほうが、数倍ジューシーで甘い。

 

せとか3

 

たまたま、不良品にあたったのかと、2個、3個…と皮をむいてみましたが。

半数を試してみても、すべて、スカスカの実。

外見は立派なのに。

甘くない「せとか」

 

ダンボール箱のなかには「JAえひめ中央」のタグが。

せとか

 

夫と話し合い

「おいしくなかった」

と、送り主である母につたえるのはやめました。

せっかく、喜んでもらおうと、送料かけて送付したのに、

そうでなかった事実は、母を何倍も悲しませるだけです。

 

美味しくない贈答品。

やっかいですね。

 

悪いのは、母の知り合いの八百屋、もしくは「JAえひめ中央」。

 

知り合いの八百屋が高齢者をだましたのか?

はたまた、JAえひめ中央が、不良品を送っているのか。

 

いずれにせよ、「安くはなかった」贈り物。

母を傷つけない方法は、泣き寝入り…しか、ないのでしょうかねぇ。

 

だから、せめても

ここで声を大にして、言います!

JAえひめ中央」のせとか、超マズイ。

こんなもん、贈答品に出すなよ。

 

JAえひめ中央」の商品は、二度と買わないぞっ!!!!(←ぁ、今回も自分で買ったわけじゃなかった…)

 

 

 

 

 

 

7 thoughts on “甘くない、ジューシーじゃないJAえひめ中央の「せとか」が超マズい。ひどすぎる贈答品は誰が悪いのか?

  • 2018年4月20日 at 5:26 PM
    Permalink

    初めまして!
    私は今日、スーパーマーケットにて、生まれて初めて
    せとかを購入して食べました!

    はい、美味しくありませんでした!

    パッサパサでした。

    普通のミカンの方が美味しいくらいです。

    あまりに酷いので、ネットで調べたところ、せとかはミカンより高級だと言うではないですか!
    香りが高く、ジューシーで柔らかい…

    話が違う(笑)と、なりました。
    もう少し検索してみたら、この記事に辿り着きました。

    そしたらなんとビックリです、まったく同じところのせとかでした。笑

    JAえひめ中央のです。笑

    4つ入です…

    あと3つ、どうしろというのでしょうか。笑

    調べてから買えば良かったと後悔であります。笑

    とても共感しましたので、コメントさせて頂きました!
    失礼しました!!!

    Reply
    • 2018年4月21日 at 5:49 AM
      Permalink

      あら、同じ体験をした人がほかにもいらっしゃるのですね。
      この記事を書いてみましたが、どこかで「たまたまじゃないか」という思いもありました。が。やっぱり悪いのはJAさんかもしれないですねぇ。たまたまの1個ではなさそうなので、もう少し、検品をしっかりしてほしいですね。

      Reply
  • 2019年2月2日 at 6:14 PM
    Permalink

    YのB1果物屋のWです。八百屋さんで買った、せとかの件です。投稿は3月ですが、いつ頃のお話でしょうか?せとかは、1月から市場に出ますよ。先ず写真のようにぱさぱさしているのは、30~50日間以上置いてあるような個体が多く、仲買か八百屋さんの問題と考えます。絶対に産地の問題はありません。ましてや天下の愛媛中央といえば選果も厳しく、下等級であっても出荷時に身質が悪い ものはありません。普通に考えると、ギフトの緑箱は高価で回転が悪い為、八百屋さんで置き過ぎた?場合(すあがり)が多いと思います、、、。いずれにせよ、広島、佐賀はもちろん旨いですが、愛媛のせとかは高いけど、最高峰で、フルーツ専門店では1玉1000円以上します。
    是非、ばら売りを、本年、2月中にお買い求めください。せとか本来のお味が楽しめますよ。(^^)/

     

    Reply
  • 2019年2月3日 at 6:52 AM
    Permalink

    もう3年前のことなので、詳しい日にちは忘れてしまったのですが、UP日とさほど離れてはいないと思います。ということは3月。八百屋さんの不良在庫だったのでしょうかねぇ。いただきものなので、もらったほうとしては、天下の愛媛中央さんの名前しか把握できずに、すっかり悪者扱いにしてしまいました。すみません。でも消費者としては、消費期限が刻印されているわけでもないので、どこが悪いのか、わからない…。ココが問題なのかもしれませんね。生産者、流通、小売りその間に1つでも良くないものが含まれちゃうと、悲しい結果になっちゃうことだけは、身をもって体験しました。

    Reply
  • 2019年3月7日 at 10:02 PM
    Permalink

    噂に高いせとかをスーパーで購入しました。柑橘類の大トロ?食ったのはパッサパサの水分も甘みも少ないものでがっかりです。コメントに流通経路での日数が問題とありますが、私が購入した物のパッケージには「加工日3月7日」とあります。つまり本日加工され(パッケージされ)店頭に並んだものだと考えられます。商品タグのJAえひめ中央から検索しこのコメントを見つけ同じ思いをしている人が多いのを知りました。やはり問題は生産者若しくは検品をするJA側にあるのだろうと思いますが如何でしょう。

    Reply
  • 2019年3月7日 at 10:17 PM
    Permalink

    あら、まぁ、また同じ思いをされた方が。
    価格が高いだけに、期待値も高く、裏切られるとショックが倍増しちゃいますよね。
    誰が悪いのか、一般消費者はわからないので、生産者、もしくはJAさんが濡れ衣だと主張されるなら、それがわかるように皮に日付を刻印するとか、対策をとってほしいですね。

    Reply
  • 2019年4月7日 at 4:52 PM
    Permalink

    和歌山でせとかを栽培しています。
    基本的に水分が少ない原因は、栽培中に強い寒さがあたることでスアガリが生じたためと思われます。
    しかしながら、収穫後にスアガリを見抜く事はなかなか難しいのが現実であり、誰かの責任にするならば寒さがあたった商品をすべて捨てなかった農家が悪いのかもしれません。
    とは言え、そうすると農家は売り上げがなくなるので大変です。
    まあ、jaも農家から買い叩く事が多くなり、良い商品は自分の流通で、悪い商品はjaに流すなんて農家が増えて来ているので、良い品物が欲しいならば、農家から直接買うか、流通を通さない直売で買うことがいちばんだと思います。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください