シニア向け「UQモバイル」のスマホはコレ!格安スマホにしたらかかる料金は?

格安スマホ

au系格安スマホ「UQモバイル」は、10月1日にKDDIへ統合されることが決定していますが、UQ mobileのブランドは継続されるとのこと。

UQ mobileのシニア向けスマホと料金をチェックしてみます。

UQモバイルシニア向けスマホ「BASIO4」

2020年2月21日に発売されたシニア向けスマホ「BASIO4」。京セラ(株)の製品です。

京セラはauのシニア向けスマホを提供している企業。

そして「BASIO4」はauでも販売しているスマホ機種です。

「BASIO4」の詳細はコチラ ↓

「BASIO4」スマホ本体の一括機種代金は、23,760円です。

UQモバイルの料金

60歳以上ならシニア割が適用されます。

データ通信3GBと、国内通話24時間かけ放題つきで

スマホ機種代金を含まない場合

「BASIO4」のスマホ本体機種代金を契約時別途23,760円を支払って購入した場合は、

6か月目まで1,480円(税込1,628円)

7か月目以降は2,180円(2,398円)になります。

スマホ「BASIO4」を分割で購入する場合

24回分割払い

6か月目まで2,618円(税込1,628円+990円)。

7か月目以降は3,388円(2,398円+990円)となります。※25か月目~は2,398円

36回分割払い

6か月目まで2,288円。

7か月目から3,058円になります。

UQモバイルのシニア向け特典

UQ mobileが60歳以上の方のご自宅に訪問してサポートしてくれるキャンペーンを実施しています。

UQモバイル公式サイト

※情報をいちはやくお届けするためにTwitterをフォローして頂けると嬉しいです! dekoKei(@dekoppon)|Twitter

格安スマホ
シニア向けスマホ会社おすすめランキング
楽天モバイル
楽天モバイル

・3カ月無料キャンペーンでユニバーサルサービス料も無料に
・データー容量1GBまで0円
・通話も「Rakuten Link」アプリを使えば0円
・さらに無制限に使ってもMAX2,980円(3,278円)まで。使った分だけのお得&安心料金

Y!mobile(ワイモバイル)
ワイモバイル

・実店舗数が多い
・@ymobile.ne.jpのキャリアメールが無料でついている
・ソフトバンクのサブブランド

UQモバイル
UQモバイル

・余ったデータ容量を翌月に繰り越し可
・@uqmobile.jpのキャリアメールあり(ただし有料)
・auのサブブランド

イオンモバイル
イオンモバイル

・全国イオンでアフターサービス対応
・60歳以上限定「やさしいプラン」あり
・LINEの年齢確認に対応しID検索が可能

ビッグローブモバイル
ビッグローブモバイル

★★自宅で落ち着いて契約できる「ご自宅出張申し込み」サービス★★

自宅まで訪問員が出張してくれるサービスがあるので、自宅で落ち着いてゆっくりと申し込み手続きや、スマートフォンの動作確認までできます。

「arrows M05」は、24か月分割払いで総額34,800円。
端末料金が含まれる24か月間は3,650円/月、以降は2,200円/月。
これには、スマホ端末料金、データ通信3GB、BIGLOBEでんわで1,080円分の国内通話(最大60分)が含まれます。

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE

★★シニア向け機種「arrows M05」が他社に比べて安い★★

「arrows M05」16,390円。
さらに他社からの乗り換え「MNP」で5,000円OFF!とスマホ本体の価格がお買い得です。

ままろいどをフォローする
シニアのスマホ

コメント

  1. […] シニア向け「UQモバイル」のスマホはコレ!格安スマホにしたらかかる料金は?…mamaroid.com2020.06.18 […]

タイトルとURLをコピーしました