ソフトバンク60歳以上シニア向けスマホ料金980円プランの詳細

ソフトバンクにある980円の料金プランと60歳以上シニアのお得なプラン、60歳以上シニアのおすすめ料金プランをご紹介します。

1、ソフトバンク 60歳以上シニア向けスマホ料金 980円プランとは

ソフトバンクで1年間980円(税込:1,078円)というお得なプランが「スマホデビュープラン+ライト」です。ケータイ(ガラケー)からスマホにのりかえするという人と5歳〜22歳の人が対象となる料金プランです。

①ソフトバンク 60歳以上シニア向けスマホ料金 980円プランの概要

ソフトバンク 60歳以上シニア向けスマホ料金 980円プラン「スマホデビュープラン+ライト」は

ソフトバンク「スマホデビュープラン+ライト」プランの概要
  • データ容量 4GB
  • 通話は30秒で22円(無料通話は付帯なし)
  • 国内SMS(ショートメール) 受信は無料、送信は1通(70文字まで)3.3円

という内容です。基本プランに無料通話はついていません。

LINEを使って電話することもできるから、電話は知り合いにしかかけないという人は、無料通話オプションをつけずに、この980円プランだけでもいいかも‥

②ソフトバンク 60歳以上シニア向けプラン「スマホデビュープラン+ライト」の料金

ソフトバンク「スマホデビュープラン+ライト」の料金
  • 1年間は980円(税込1,078円)
  • 2年目からは2,266円

ソフトバンクの月々980円になるプランは「基本プラン」1,078円 +「データプラン 4GB」1,188円から「1年おトク割+」が割引され、980円(税込1,078円)になるというものです。

③ソフトバンク「1年おトク割+」適用条件

ソフトバンク でスマホ料金を980円にするには「1年おトク割+」の適用が必要です。この「1年おトク割+」の適用条件は下記のとおり

ソフトバンク「1年おトク割+」適用条件

  • 対象データプランに新たに加入すること【対象プラン:データプラン20GB(スマホ)、データプラン4GB(スマホ)、データプラン4GB(ケータイ)、データプラン3GB(スマホ)、データプラン3GB(ケータイ)】
  • 「データプラン 3GB(ケータイ)」または「データプラン 3GB(スマホ)」のいずれかに加入中で、SoftBank 携帯電話(フィーチャーフォン)からスマホへ機種変更し、かつ、「データプラン 3GB(スマホ)」に新たに加入もしくは継続加入する場合
  • 本割引サービスが適用中ではないこと、またはこれまでに適用されたことがないこと

ソフトバンクで1年間980円(税込:1,078円)というお得なプラン「スマホデビュープラン+ライト」ですが、残念ながら無料通話はついていません。ただし、60歳以上なら通話がお得になる通話オプションがあります。

2、ソフトバンク 60歳以上通話おトク割

60歳以上なら通話がお得になるというものは「60歳以上通話お得割」。

ソフトバンクの「60歳以上通話おトク割」は毎月の「定額オプション+」の料金から1,100円割引するというキャンペーンです。(2022年11月〜終了時期未定)

ソフトバンク「60歳以上通話おトク割」の適用条件
  • 「基本プラン(音声)」「データプラン20GB(スマホ)or データプラン4GB(スマホ) orデータプラン4GB(ケータイ)」「定額オプション+」の3つに加入している、もしくは新たに加入すること
  • 個人名義による契約であること
  • 使用者の年齢が60歳以上であること
  • 他の携帯電話回線で使用者が本キャンペーンの適用をうけていないこと

ソフトバンク 60歳以上シニア向けプラン「スマホデビュープラン+ライト」に電話かけ放題をプラスして「60歳以上通話おトク割」を適用すると、月々の料金は1年間1,958円で、2年目以降は3,146円になります。

ソフトバンクの60歳以上シニア向けプラン「スマホデビュープラン+ライト」に通話し放題をつけると1,985円なんだね。

3、60歳以上のシニアにおすすめのソフトバンクスマホ機種

ソフトバンクの60歳以上のシニアにおすすめのスマホをご紹介します。

①シンプルスマホ6(ソフトバンクのらくらくスマホ)

ソフトバンクはシャープ製の「シンプルスマホ」というブランドを展開しています。これはドコモのらくらくスマホ同様、スマホ下部に物理的ボタンがあることが特徴。ガラケーからの乗り換えで戸惑うという声が多かった、画面タッチではなく、物理的ボタンを押すことで電話やメールをすることができます。

②シンプルスマホ6(ソフトバンクのらくらくスマホ)の料金

「シンプルスマホ6」の本体価格は54,720円。48回払いにすると月々1,140円の支払いになります。

ソフトバンク 60歳以上シニア向けプラン「スマホデビュープラン+ライト」に電話し放題をつけて、「シンプルスマホ6」を購入すると、月々の支払い金額は

「シンプルスマホ6」の月々の支払い金額

「シンプルスマホ6」+「スマホデビュープラン+ライト」+「60歳以上通話おトク割」月々の支払い金額

  • 1年目:3,098円
  • 2年目〜:4,286円

これに新規・機種変更ともに初回は事務手数料が3,300円かかります。

この事務手数料3,300円を支払わなくていい方法があります。その方法は‥↓つづきをどうぞ〜

4、ソフトバンクの事務手数料3,300円 ➡︎ 0円

しかし、ソフトバンクのオンラインショップならこの初回かかる事務手数料3,300円が無料になります。チャットで相談しながら購入できるので、不安なことも解消できます。

翌日、または新商品の場合発売日に自宅にスマホが届くので、混み合っている店舗にでかけることなく、スムーズに契約できるので、いちどチェックしてみるといいですよ。

5、ソフトバンクの料金プラン一覧(スマホからの乗り換え)

ガラケーからの乗り換えではなく、現在スマホを使用している方も契約できるソフトバンクの料金プランは「メリハリ無制限」「ミニフィットプラン+」です。現在ソフトバンクで契約できる料金を一覧にしました。

料金プラン名データ容量料金
メリハリ無制限無制限7,238円
ミニフィットプラン+0〜3GB〜1GB:3,278円
〜2GB:4,378円
〜3GB:5,478円
スマホデビュープラン+4GB(ライト)1年目:1,078円
2年目:2,266円
20GB(ベーシック)1年目:2,728円
2年目:3,916円

無料通話はついておらず、1GBでも3,278円‥。リーズナブルとはいえない金額です。

6、ソフトバンクの料金を安くしたいならサブブランドへ乗り換え

ソフトバンクの料金を安くしたいと思ったら、「ワイモバイル」「LINEMO」に乗り換えることを検討してみた方がいいかもしれません。

「ワイモバイル」「LINEMO」はソフトバンクが手掛ける格安スマホ。サブブランドとも呼ばれていて、価格を抑えた料金プランを提供しています。

格安スマホ
ブランド
データ容量料金
ワイモバイル3GB(シンプルS)2,178円
15GB(シンプルM)3,278円
25GB(シンプルL)4,158円
LINEMO3GB(ミニ)990円
20GB(スマホ)2,728円

データー容量をたくさん使う人はソフトバンクがおすすめですが、電話やメールしか使わない、動画をたくさん見ないという人は、サブブランドへ乗り換えた方が圧倒的にスマホ代が安くなります。

@softbank.ne.jpがそのまま使える「メールアドレス持ち運び」

乗り換えをしても、ソフトバンクで使っている「@softbank.ne.jp」などのキャリアメールもそのまま使えます。ただし有料になります。

料金は1メールアドレスごと330円/月。1年間で支払うと3,300円とちょっぴりお得になります。

現在ソフトバンクで利用しているキャリアメールをそのまま使えるので、メールアドレスがネックになっている方はこの「メールアドレス持ち運び」サービスは便利。このメールアドレス持ち運びの料金を支払っても、サブブランドに乗り換えた方が、月々の支払い料金が安くなるケースがほとんど。ぜひ乗り換えを検討してみてください。

ソフトバンクと同じメールアドレスが使えて、料金が安くなるなんていいね🎵

コメント

タイトルとURLをコピーしました