スマホで通話「LINE電話」docomo「カケホーダイ」SoftBank「通話し放題」を比較

docomo

スマホ通話料戦争勃発

2014年3月17日よりAndroidで先行スタートした「LINE電話」。

6月1日には、NTTドコモが通話料定額プラン「カケホーダイ」をリリースし、さらに、7月1日にはソフトバンクが「通話し放題」プランを登場させるとのこと。

パケプランが中心だったスマホですが、ここにきて通話料に各社が注目しています。

現在のスマホ通話料

それでは、スマホの通話料はどれくらいかかるのか、まず前提として、従来のプランをみてみましょう。

基本は1分40円(30秒あたり20円)

これが、スマホ(4Gタイプ)の通話料です。

これに、たとえばソフトバンクで見ると、Wホワイトに加入し、月934円プラスすると、通話料が半額(10円/30秒)になるというサービスでした。

またウィルコムの「誰とでも定額」という、月934円で、通話料が無料になるというサービスもありましたが、1回あたり10分以内の国内通話に限られ、超えた場合は、通話料がかかってしまうというものでした。

スマホへは1分6円、固定電話へは1分2円という破格の通話料「LINE電話」

2014年3月に登場した「LINE電話/LINE Call」は、初期費用や月額基本料金などは一切発生しないため、ユーザーは通話料金のみで利用できるというものです。

提供しているのは、スマホ無料通話アプリ「LINE」の制作会社LINE(株)です。

 

この通話料の安さは、驚きをもって迎えられました。

また、LINEの法人向けビジネスアカウント「LINE@」を導入している一部店舗と、電話番号データベースに登録されている一部の店舗や施設合わせた約130万件ヘは、無料で電話できるという、LINE普及率の高さを十分に活用したメリットも付加されています。

もちん、LINE友達同士は通話料無料なので、LINEユーザーには、魅力的なサービスとなっています。

しかし、緊急電話には対応しないなど、デメリットもあります。

 

「LINE電話」の料金と通話時間表に、ドコモ、ソフトバンクと比較するため、2700円(通話料定額プランの料金)で話せる時間も参考表示してみました。

1分あたりの料金 2700円で話せる時間
コールクレジット 携帯電話への通話 14円(14クレジット) 192分(3時間12分)
固定電話への通話 3円(3クレジット) 900分(15時間)
30日プラン(上限60分) 携帯・固定電話 6.5円
固定電話のみ 2円

ドコモ、ソフトバンクの通話定額プラン

NTTドコモの「カケホーダイ」、ソフトバンクの「通話し放題」は、ともに月額2700円

この新料金プランは完全に「国内通話無料」となるプランです。

この通話定額プランについては、両者同様のサービスで、同じ料金設定です。

 

<ドコモの新料金プラン>

この新プラン登場で、ドコモは従来の「タイプXiにねん」は2014年8月31日(日)をもって新規受け付けを停止すると発表しました。

ソフトバンクも同様の対応が予想されています。

 

日本の3大キャリアは横並びが好きなので、auも近々同様のプランを発表するかもしれませんね。

 

ドコモはこの新プランが30万契約突破したとのこと。今まで通話料金がコンスタントにかかっていた人には、この通話料定額プランはとてもありがたいサービスです。

LINEのような、同じアプリをインストールしている同士なら通話料無料というサービスや、通話料定額プランを上手に利用して、毎月かかるスマホ維持費をおさえたいですね。

 

<参考サイト>

LINE電話

ドコモの新料金プラン「かけホーダイ&パケあえる」

ソフトバンクの新料金プラン「スマ放題」

 

docomoLINESoftBank
スマホの料金を安くするならココ!格安スマホおススメランキング
楽天モバイル
楽天モバイル

1、通話+データ完全1年「無料」その後も1GBまでずっと0円(1年無料キャンペーン受付は4/7(水)終了)
①データ使い放題で、1年間無料。
②楽天LINKアプリを使って電話すれば、電話料金も無料。固定電話にも無料でかけらる。
③さらに1年たった後も1GBまでなら0円。超えても2,980円まで。使った分だけのお得&安心料金

IIJmio
IIJmio

1、「eSIM」利用可能。しかもeSIMの料金は2GBが月額400円~と激安!
2、最大10回線までデータ容量のシェアが可能
3、余ったデータ容量の翌月への繰り越し可能
4、LINE年齢認証可能
5、6月から5Gも無料
6、デュアルSIMのiPhoneなら、楽天モバイルの1GB以下の料金が0円と、この2GBまで400円を組み合わせると3GBまでが400円で利用できる!しかも、「Rakuten Link」を使えば通話料も無料。

Y!mobile(ワイモバイル)
Y!mobile(ワイモバイル)

1、「eSIM」利用可能
2、2回線目から家族割で▲1080円適用。3GB900円。
3、家族割は、同居の家族だけでなく、遠くの親戚、同居している恋人やパートナーでも対象
4、実店舗があるので対面サポートがうけられ安心

スマジョをフォローする
スマ女(初心者のためのスマートフォン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました