LINE「既読」にしないでメッセージを読む方法

    公開日:2013年3月30日  
  • LINEの小技
LINE「既読」にしないでメッセージを読む方法

LINEのトークルームで、相手がメッセージを読むとつく「既読」マーク。

相手が見たとわかっていいのですが、「読んだのに返事がない」など、便利な面とは裏腹に面倒なことも。

そこで、相手に「読んだ」とバレずにメッセージを読む方法です。

ポップアップされる通知を利用すると簡単です。

LINEで「既読」にしないでメッセージを読む方法

1、まず、誰かがトーク(メッセージ)を書き込んだ時にポップアップして通知されるように設定します。

「その他」>「設定」>「通知設定」で「通知ポップアップの表示」にチェックを入れます。

2、トーク(メッセージ)があったときには、ポップアップで表示され、内容を確認することができます。

まだ見ていないメッセージの数が右上に、数字で表示されています。

一番上には最新のものが表示されています。

すべて読むには、右端にある矢印をタップするか、指を右から左へ滑らせ左へフックするかで古いトーク(メッセージ)が確認できます。

ただし、複数のトークルームを持っていると、ごちゃまぜになって、すべてのメッセージが時系列順になっています。

 

 

「今日、13時集合だよね」というメッセージをポップアップでみても相手には「既読」マークはついていません

ポップアップからメッセージを送ることも

これをやると、「読んでいる」ということがバレちゃいますが、いちいち画面を開くのが面倒な場合には、このポップアップからメッセージを送ることも可能です。

入力窓に文字を入れて、右端の送信ボタンをタップすれば、トークルームにメッセージが送られます。(上記の画像の最後に「うん」と表示されているのがそれです)

 

便利な反面、ちょっと面倒な「既読」機能。

上手につかいましょうね。

 

LINE INDEX(LINE記事一覧サイトマップ)

カカオトークINDEX(カカオトーク記事一覧サイトマップ)

LINEの小技カテゴリの最新記事