Astar NetworkドメインAstr Domains「.astr」を取得してみた

Web3.0

Astar Networkの「.astr」ドメインは、4/21にPublicセールが始まりました。

Astarドメイン「.astr」とは

仮想通貨ASTRでお馴染みのネットワーク「Astar Network」上で展開される「WEB3」のドメインサービス。ETHなど、そのほかのチェーンでも販売されています。

多くの人をネットワークに呼び込むためには、ドメインサービスは重要な位置付けなんだとか。

とはいっても、ワードプレスで自分のサイトを構築できるようなカスタマイズ性はまだないようです。

今のところ「ASTΞROIÐ」というWEB3ブログサイトのようなところで設定できるとのこと。

こちらは別途設定したいと思います。

「Astar Domains」を取得するメリット

「Astar Domains」を取得するメリットは

  • 始まったばかりなので、好きなドメイン名が取得しやすい
  • 5文字以上なら千円ぐらいで取得できる
  • エアドロなどホルダーに対するメリットが今後ありそう
  • 送金時に使用するアドレスが簡素化できる
  • 取得したドメインをマーケットプレイスで販売できる
  • 自分のポートフォリオが掲載できる「Profile Page」が今後できる予定

今すぐに活用というよりも、将来性に期待大です。

「Astar Domains」の取得方法

取得は、「Astar Domains」のページにいくとメタマスクとの接続ボタンがあるのでそれを押してから、取得したいドメイン名を検索。取得できる名前かどうか確認してOKなら、「Mint Now」のボタンをポチッと押すだけ。めっちゃくちゃ簡単です。

しかも5文字以上なら50Astrと千円ぐらい。この価格帯なら、「とりあえず取っとこうか」感覚で取得できますね(笑)

マーケットプレイスで転売

このドメインのマーケットプレイス「tofuNFT」を見ると、取得済みのものがすでに販売されています。中には個人名や企業名のものも。ドメイン名取得は早い者勝ちなので、今後需要があるだろうドメイン名は早くもおさえられています。

まだまだ始まったばかりのサービスなので、得体の知れない感はありますが、その分格安とも言えるので、音楽を聴いて稼ぐNFT「PENTA(ペンタ)」のホワイトリストに外れて仮想通貨ASTRが手元にある方、検討してみてはいかがでしょうか。

※便利グッズ、新商品情報を継続的に発信しているのでTwitterをフォローして頂けると嬉しいです! @dekoppon
※ライターとして執筆担当したサイトと同じ画像を使用していることがあります。許可済
Web3.0
mamaroid

コメント