芸能人のガン罹患のニュースが、最近多いなぁ、と感じる今日この頃。

ぼんやりと、人生の終わりについて、考えを馳せている自分がいる。

死

 

人間、いつか、必ず死ぬ。

だけど、みんなどうやって、死ぬんだろう?

 

ふと、そんなギモンが頭をよぎり、調べてみた。

厚生労働省の「死因簡単分類別にみた性別死亡数・死亡率」(H26)に統計がある。

 

それによると、病死と自殺、不慮の事故がずらり。

 

それ以外はないのかよっ!と見てみると、あった。

老衰

 

ただし。

年齢別に死因を調べた

死因順位別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率・構成割合」を見ると

「老衰」がトップ5に現れるのは、85歳をすぎ。

 

だけど、老衰って、苦しくないんだろうか?

 

さらに調べていると、睡眠中に突然亡くなるいわゆるポックリ病というものを発見。

これは、

睡眠したまま起きてこなくなるのは、それまで「気力」で持っていた体力が、眠ることでなくなってしまうためと考えられます

とのこと。

 

こんな死に方ができればいいなぁ、と思うけど。

 

女性は35歳から84歳までの死因トップは「悪性新生物」。つまりガン。

いま、私は、まさしく、ガン適齢期

 

だから、世の中にもがん罹患の話題が多いのだろう。

 

 

自分が病気になってもしんどいし、家族が病気になっても、心に鉛をため込むようで辛い。

やはり、「死」は辛く、悲しいものなのだろうか?

 

人生の終わり方

自分ではどうしようもないことなのかもしれない。

 

でも。これから年を重ねるにつれて

理想的な死に方を、模索していくことになりそう。