マンション住みだけど水災補償つけた火災保険に加入してみる

マンション住みだけど水災補償つけた火災保険に加入してみる

火災保険の契約更新をしたんですが、今回はじめて、火災保険に水災補償をつけました。

マンションなら水災はいらない?

マンションに住み始めてから、火災保険に水災補償はつけたことがありませんでした。

1階じゃないし、水災なんて、無縁…。

と、思っていたんですがね。

昨今のゲリラ豪雨、メディアで見る水害の様子は少なからずインパクトがありました。

「いままで、こんなことはなかった」

そんな発言もあって。

そうなんですよ。

最近の雨って、過去の前例じゃ、想像もできないような降り方をする。

だから都内でも、水があふれてしまったり。

そして、短時間でものすごい雨が降ったりすると、とたんに心配になっちゃう。

そんな経験を昨年してから、水災補償を考えるようになりました。

水災補償はいくらでつけられる?

今回は家財1000万円。

ちょっと高めですが、仕事に必要なものを含めて、精密機器が多めなんで。

これで水災補償は5年で21,240円プラス。

1年で換算すると4,248円。1か月354円。

PCとかテレビとか、すべてダメになった場合のダメージ考えると、この金額で安心がつくなら、いいかなって。

地震保険料がかなりアップしていた

昨今の地震頻発で、地震保険料もどんどん値上げされています。

地震保険は、2017年、2019年、2021年と3段階に分けて、合計14.2%の値上げが実施されているのですが、今回は2017年と2019年の値上げを含んだ保険料に。

火災保険料が28,250円なのに対し、地震保険料が33,850円と、地震保険のほうが高い!補償は半分なんですが。

仕方ないですね。

Insuranceカテゴリの最新記事