本人確認書類(免許証など)を悪用されないために信用情報機関「本人申告制度」に登録してみた

お金


いろいろなサイトに登録していると、後から「個人情報大丈夫かな?」と心配になることがあります。そんなときに利用できる信用情報機関の「本人申告制度」を登録してみました。

免許証の画像を送っちゃったけど、怪しい送付先だったかも‥というときに登録できます

信用情報機関への申告

カードや口座を作成するときなどに利用される信用情報機関へ「本人申告コメントの申込」。

これは「本人確認書類の紛失・盗難にあったための不正利用防止したい」ときに利用できます。

そして、免許証などの本人確認書類の現物は手元にあるけれど、コピーや画像を送ってしまって心配なときにも「悪用のおそれがあるので、慎重に審査してね」というコメントを残すことができます。

信用情報機関

信用情報機関は3種類あります。それぞれ登録に1,000円かかりますが、不正使用の防止になるので、心配な時には登録しておいたほうがいいでしょう。

登録期間は5年間。登録解除はいつでもできます。

信用情報機関の「本人申告制度」への登録方法

日本信用情報機構(JICC)へ登録してみましたので手順をご紹介します。

株式会社日本信用情報機構(JICC)へアクセスして「不正利用帽子の届出」をタップ。本人確認書類のアップロードなどがあるので、スマホアプリをダウンロードして登録してみました。

1、本人申告コメントの申込をタップ

2、概要と手数料が案内されるので、確認したら「次へ」

3、本人認証方法を選びます

3−1、クレジットカード認証のほうが簡単なのですが、対象となるクレジットカードが限られています。

3−2、対象外のクレジットカードであると利用できません。本人認証の方法で行います。

4、本人認証できる書類が表示されます。2点とありますが、①〜⑥の書類と自撮り画像の組み合わせでもOKです。

5、任意のパスワードを入力します。

6、個人情報を入力

7、本人確認書類が手元にある場合は、中程のコメントの種類にチェック

8、本人確認書類に使いたい書類を選んでチェック、番号等を入力します。

9、本人確認書類を確認したら次へ

10、本人確認書類を撮影します。スマホは横向きに使用。

11 、手数料を支払う方法を選びます

12、手数料を支払います

13、支払いが済んだら手続きは完了です。コメントの登録が完了するまで丸1日かかりましたので、完了するまで待ちます。

今回、不本意なサイトに登録してしまったために、念の為登録しておくことにしました。サイトに登録したメールアドレス、電話番号も変更。いろいろなサイトに気軽に登録できますが、詐欺がふえているようなので、皆様もお気をつけくださいませ。

※便利グッズ、新商品情報を継続的に発信しているのでTwitterをフォローして頂けると嬉しいです! @dekoppon
※ライターとして執筆担当したサイトと同じ画像を使用していることがあります。許可済
お金

コメント