「らくらくスマートフォン F-42A」ドコモオンラインでの割引が9/1から変更

docomo(ドコモ)

ドコモオンラインショップにおいて、らくらくスマートフォン F-42Aの割引内容が9月1日から変更になります。

「らくらくスマートフォン F-42A」9月1日以降の割引変更について

「らくらくスマートフォン F-42A」において、9月1日以降に割引変更されるのは、はじめてスマホ購入サポートと端末購入割引の2種類。

はじめてスマホ購入サポートとは

FOMAから5G、Xiへの変更、または他社3G回線からのりかえ(MNP)の方が対象。オンラインショップ価格から割引、またはdポイントが進呈されるというもの。

端末購入割引

のりかえ(MNP)、新規契約、または機種変更でスマホを購入する場合、オンラインショップ価格から割引、またはdポイントが進呈されるというもの。

9/1以降、どうなるのか?

この割引変更はドコモオンラインショップでの適用となります。

ドコモでFOMA契約している方でらくらくスマホへの乗り換えを検討している

ドコモでFOMA契約している方は、8/31までにらくらくスマートフォン F-42Aを契約するとはじめてスマホ購入サポートで33,000円の割引と15,000ポイントがもらえます。これが9月以降だとはじめてスマホ購入サポートで11,000円の割引と16,500円の割引に変更。

33,000円の割引+15,000ポイント(~8/31) ⇒ 27,500円の割引(9/1~)

「FOMA契約」は、音声プランが、2019年9月30日に、データプランが2020年3月31日に新規受付を終了しています。つまりザックリと言えば、2019年9月30日以前にガラケーを契約されている方が、対象の可能性があります。

他社から乗り換えでらくらくスマホを検討している

他社のガラケー(3G回線)から乗り換えでらくらくスマホを検討している方は

30,000円ポイント(~8/31) ⇒ 16,500円の割引(9/1~)

に変更となります。

いずれにせよ、ドコモオンラインショップでらくらくスマホを購入しようと検討されている方は8/31までに変更したほうが割引+ポイント進呈額が大きく、お得かもしれません。

※情報をいちはやくお届けするためにTwitterをフォローして頂けると嬉しいです! dekoKei(@dekoppon)|Twitter

docomo(ドコモ)
シニア向けスマホ会社おすすめランキング
楽天モバイル
楽天モバイル

・3カ月無料キャンペーンでユニバーサルサービス料も無料に
・データー容量1GBまで0円
・通話も「Rakuten Link」アプリを使えば0円
・さらに無制限に使ってもMAX2,980円(3,278円)まで。使った分だけのお得&安心料金

Y!mobile(ワイモバイル)
ワイモバイル

・実店舗数が多い
・@ymobile.ne.jpのキャリアメールが無料でついている
・ソフトバンクのサブブランド

UQモバイル
UQモバイル

・余ったデータ容量を翌月に繰り越し可
・@uqmobile.jpのキャリアメールあり(ただし有料)
・auのサブブランド

イオンモバイル
イオンモバイル

・全国イオンでアフターサービス対応
・60歳以上限定「やさしいプラン」あり
・LINEの年齢確認に対応しID検索が可能

ビッグローブモバイル
ビッグローブモバイル

★★自宅で落ち着いて契約できる「ご自宅出張申し込み」サービス★★

自宅まで訪問員が出張してくれるサービスがあるので、自宅で落ち着いてゆっくりと申し込み手続きや、スマートフォンの動作確認までできます。

「arrows M05」は、24か月分割払いで総額34,800円。
端末料金が含まれる24か月間は3,650円/月、以降は2,200円/月。
これには、スマホ端末料金、データ通信3GB、BIGLOBEでんわで1,080円分の国内通話(最大60分)が含まれます。

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE

★★シニア向け機種「arrows M05」が他社に比べて安い★★

「arrows M05」16,390円。
さらに他社からの乗り換え「MNP」で5,000円OFF!とスマホ本体の価格がお買い得です。

ままろいどをフォローする
シニアのスマホ

コメント

タイトルとURLをコピーしました