httpからhttpsに変更。Googleが本気だしてきたらから変更しないとヤバいよね

保護されていません

2018年7月からGoogle Chromeの新バージョンでサイトを開くと、SSLで暗号化されていないサイトは、アドレスバーに「保護されていません」と表示されるようになりました。

本気を出してきたGoogle

以前から、SSL化は必要と言われてきましたが、Googleが本気をだしてきた模様なので、これは遅からず検索順位にも関係するものと予測できます。

なので、重たい腰をようやく上げて、本サイトもSSL化してみました。

エックスサーバーはSSLが無料で利用できる!

エックスサーバーはこのSSLが無料で利用できます。

レンタルサーバーを変更するとき、これがポイントでもありました。

で、やり方を公開している先人の教えに従い、変更。

1時間もかからず完了しました。

あっけない…。

ところがそうは問屋が卸さない…

しかし、トップページは見事に「保護された通信」に変わったのに

ページによっては、変わっていないところも。

ページ内にひとつでも「http」が混在していると、保護された通信にならないのだとか。

その原因は写真などのメディアだったり、リンク先だったり、広告だったり。

プラグインや、はてなのブックマークが原因のこともあって。

ここからは、地道に変更していくしかなさそうです。

 

でも、とりあえず大枠は変更できたので、めでたしメデタシ…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です