ドコモ「ahamo」、au「povo 」、ソフトバンク「SoftBank on LINE」オンライン格安プラン比較一覧

LIFE

13日KDDIが、auのオンライン専用の新料金ブランド「povo」を発表したことで、ドコモ、ソフトバンクとともにオンライン専用の格安プランが出そろいました。

ドコモ「ahamo」、au「povo 」、ソフトバンク「SoftBank on LINE」、楽天オンライン格安プラン比較一覧

ドコモauソフトバンク楽天
ahamo(アハモ)povo (ポヴォ)SoftBank on LINE(仮称)Rakuten UN-LIMIT V
料金2,980円2,480円2,980円2,980円
データ20GB20GB20GB
LINEノーカウント
無制限
低速時1Mbps1Mbps1Mbps
無料通話5分間なし5分間Link使用で無制限
手続きオンラインオンラインオンラインオンライン
店舗
開始日21年3月21年3月21年3月20年4月
5G〇(2021年夏)
eSIM
オプション1、データ追加 : 500円/1GB
2、通話かけ放題: 1,000円/月
1、データ使い放題 24時間: 200円/24時間
2、データ追加 : 500円/1GB
3、5分以内通話かけ放題: 500円/月
4、通話かけ放題: 1,500円/月
1、データ追加 : 500円/1GB
2、通話かけ放題: 1,000円/月
キャンペーン先行エントリーキャンペーン
dポイント(期間・用途限定) 3,000ポイント
期間:2020年12月3日(木曜)~提供開始日前日

一番最後に発表した、いわば後出しのauが、5分間無料通話をつけない、他社よりも500円安いプランを登場させました。

それについて、武田良太総務相が15日の会見で、通話料が含まれていないために500円安いのに「最安値」を強調するのは「国民に対してあたかも一番安いと思わせるやり方。非常に残念だ」と述べたとのこと。

国民がどこまで馬鹿だと思っているのでしょうね…。

ドコモやソフトバンクは「5分間通話」なしを選択できない。契約の最低価格が最安値であることは間違いないと思いますけど。横並びじゃないとダメなの?

それにauの自分の欲しいものを付加して「トッピング」していく、という考え方は、わかりやすく、なかなか考えたな、と感じたんですけど、ね。

今までスマホの価格を難解にしてきたのは、「これ、つけると安くなります」と、オプションをプラスすることで、価格を値引くという、意味不明な価格設定。

勝手にどんどん盛られて、契約のナベの中には、何が入っているのかわからない、いわば闇鍋契約をユーザーはしてきたわけで。

でも、今度のauの「povo 」は、自分の必要なものだけを付加すればいい。そしてつけた分だけ価格が高くなる。いたってわかりやすいかと。

「スマホ乗り換え相談所」は税金を使ってやることなの?

1月4日には、総務省は今夏にも、携帯電話の乗り換え手続きを支援する「スマホ乗り換え相談所」の試験事業を始める。とのニュースが。

この「相談所」は、「保険ショップ」のような役割を想定しているんだとか。

さらに、相談所は今夏以降、全国3カ所以上に開設し、比較できるシステムの構築費用や人件費など約1億4000万円を負担するんだとか。

また、将来的には本格的な事業化も後押しし、特定の携帯会社に偏らずに中立性を保てるビジネスモデルや運営事業者の資格制度などについても検討するとのこと。

は?

なに、ソレ?

「スマホ乗り換え相談所」なんて、民間がやればいいことじゃん。

税金使ってやることなんだろうか?

総務省って、スマホの料金を安くするという大前提はいいとして、その中身がすご~くズレてると感じる。なんかやたらスマホや通信事業者にケチつけるのは、利権がからむ誰かが糸引いているのか…?

あとは、価格が圧倒的に安いことをウリにしてきた楽天モバイルが、大手3社の格安プランを見て、どう出るか。これより安くないと、1年間無料が水の泡になっちゃうよ~

【参考サイト】

新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表

新料金プラン「ahamo(アハモ)」の提供条件について

「SoftBank on LINE」特設サイト

20GBが月額2,480円、auのオンライン専用の新料金「povo (ポヴォ)」を提供

新発想の料金プラン「povo」誕生|au

※便利グッズ、新商品情報を継続的に発信しているのでTwitterをフォローして頂けると嬉しいです! @dekoppon
※ライターとして執筆担当したサイトと同じ画像を使用していることがあります。許可済
LIFE
ままろいどをフォローする
mamaorid

コメント