マツコの知らない学校では教えてくれないスポーツの世界

11/24放送の「マツコの知らない世界」で、武井壮が「学校では教えてくれないスポーツの世界」をプレゼンツ!

武井壮と言えば、42歳にして世界マスターズ陸上で、見事金メダルに輝いた男。

マツコに「変人」呼ばわりされていましたが、その理論はすごい!

もっと早く知りたかったと、真剣に思ったので、書き留めておきます。

武井壮流「速く走るテクニック」

速い人は速い人なりにやっていることがある!

19歳のころと、100M走のタイム(リレー:42秒71)が変わらないという武井壮。その彼がウサインボルトを例に、足の速い人がやっている技術を解説しました。

 

速く走るためのコツ

1、足が地面についてらそのまま踏ん張らずに、すぐに足を地面から離し、前に出す(蹴る反動で足が後ろに蹴り上げられるのを極力抑える)。

2、腕振りは、腕を振る反動を使って体の重さを軽くするためのもの。

走るのが速い人は、自分の重さを常にいかに軽くするかを実践している。

速く走るためのテクニック

スタート時

地面を蹴らない。足の筋力は使わず、体を前に倒したり、腕振りすることで、体重移動させることが重要

中間地点

地面を蹴るのではなく、地面を触るイメージ。蹴る衝撃はエネルギーを消耗させる。

ゴール

トップスピードに乗ったときは、地面を思いっきり蹴って走る

 

 

スポーツが上達する武井壮流「ボディコントロールの世界」超簡単トレーニング

頭で考えたとおりに体を動かせれば、どんなスポーツでも大体の動きはコピーでき、3年で、普通の人が10年やった積み重ねが簡単に手に入るようになるとこのと。

自分の体を思い通りに動かすことができるようになる、武井壮が実践していた訓練が紹介されました。

頭で思った通りに体を動かす訓練

目をつぶって両腕を広げて、水平な位置に上げる。(数センチのずれもないように、平行にあげられるように訓練する)

次に、目をつぶって垂直に、まっすぐ上にあげられるようにする。

そうすると、手元を見なくても投げたものをキャッチできるようになるとのことです。

 

10歳でスポーツに生きると決めた彼が、その時から、お酒、たばこを一切口にしないと決め、またカロリーがない食べ物(こんにゃくなど)は食べないなど、自分なりのNGを決め、実践しているとのこと。

なんともすごい人です。