小銭貯金はヤバい!硬貨を貯めたら損するかも。ゆうちょ銀行1月から手数料改悪

お金

子どもがたまった小銭を窓口に持ち込むといえば、郵便局。しかし、来年1月から小銭の入金が有料化します。

ゆうちょ銀行 硬貨取扱料金(窓口での取り扱い)

2022年1月17日より、ゆうちょ銀行では、預け入れや払込み等の各種手続きの際に、窓口へ硬貨を持ち込むと、枚数に応じた料金がかかるようになります。

硬貨の枚数算定後に有料ならやめたいと申し出ても、料金は発生します。

また複数の案件でも、同時であれば硬貨の枚数は合算され料金判定されます。

硬貨枚数料金
1~50枚無料
51~100枚550円
101~500枚825円
501~1,000枚1,100円
(以降500枚毎に550円加算)

硬貨枚数算定後に、手続きを取りやめる場合や、金額を変更される場合も料金が発生します。
同時に複数件の手続きをする場合、硬貨の枚数を合算し、料金を判定します。
※ 硬貨取扱料金は各種サービスの取扱料金とは別に、現金で支払い。
※ 汚損硬貨および記念硬貨も算定対象。
※ 店舗・郵便局の繁忙状況等により、大量の硬貨の持ち込みはお断りする場合あり。
※ 義援金の払込みのみの場合は対象外です。

ゆうちょ銀行 硬貨取扱料金(ATMでの取り扱い)

硬貨の預け入れ

硬貨枚数料金
1~25枚110円
26~50枚220円
51~100枚330円

※ 硬貨を伴う預け入れは、預入残高がATM硬貨預払料金以下となる場合は、取り扱いできません

硬貨の払戻し

硬貨枚数料金
1枚以上110円

※ ATM硬貨預払料金は、通常貯金または通常貯蓄貯金の残高から引き落とし。

※ ATMでの硬貨の取り扱いは、1回につき100枚まで。

※ 複数回に分けて手続きをされる場合、枚数の合算はいたしません。ただし1回の手続きごとに料金がかかります。

※ ATMでの預け入れ・払戻し以外のお取り扱い(通常払込み等)には、ATM硬貨預払料金はかかりません。(通常払込み・ゆうちょPay-easy(ペイジー)サービスのご利用にあたって、現金でお支払いの場合は、税公金・義援金の場合を除き、別途加算料金(110円/件)がかかります)

※ 次の場合、ご利用枚数にかかわらず、料金は110円です。
①貯金担保自動貸付けをご利用中の通常貯金へのお預け入れまたは貸付けを伴う払戻し
②口座貸越による自動融資をご利用中の通常貯金へのお預け入れまたは融資のご利用を伴う払戻し

そのほかにも、各種払込みサービスを現金で利用する場合には料金が加算されたりします。

これらを知らないと、余計な手数料がかかっちゃいますので、ご注意を!

現金での支払いは、ポイントがつかないというマイナスポイントだけではなく、手数料がかかっちゃうという目に見える損化。いよいよ、キャッシュレスが本格化してきたということでしょうか。

コメント