スマホの維持費を格安に!通話もできる「格安SIM」音声プラン比較

au

「SIMロック解除」が義務付けられるようになると、「格安SIM」がより手軽に利用できるかもしれません。

そこで、今回は通話もできる音声プランがついた「格安SIM」をみてみたいと思います。

 

「SIM」の基本的なことは、初心者にもわかる「SIMロック」スマホ維持費が格安になる「SIMロック解除」をご覧ください。

大手3社の料金プラン

「格安SIM」を比較する前に、まずは、大手3社の料金プランを見てみましょう。

既存のLTE対応プランは、8月いっぱいで新規受付を停止する予定とのことなので、今後は音声定額プランが主流になっていくものと思われます。

 

通信大手3社の通話料
プラン名 基本使用料 通話料(30秒)
docomo タイプXi にねん 743円 20円
カケホーダイ 2700円 無料
au LTEプラン 934円 20円
電話カケ放題プラン 2700円 無料
SoftBank ホワイトプラン 934円 20円
スマ放題 2700円 無料

格安SIM 音声通話プラン比較一覧表

現在利用しているスマホは、通話もできるプランで契約している方が多いと思います。

そこで、他社に移行後も、同様に使えるよう、音声通話プランがついているものを、ピックアップしました。

 

格安SIMは、回線のインフラをドコモなどから借りてサービスを提供しているMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)が、販売しています。

データプランが中心でしたが、音声通話がついているプランも徐々に増えてきています。

 

格安SIM 音声通話プラン料金比較一覧表
提供会社 プラン名 基本料金 料金通話 SMS その他
通話料 無料通話
BIGLOBE BIGLOBE LTE・3G
音声通話スタートプラン
1,728円/月 21.6円/30秒 なし 送信3.24円/1通
受信無料
初期費用:3,240円
最低利用期間:1年(期間内解約金8,640円)
IIJmio みおふぉん 1,728円/月(7/1~9/90) 21.6円/30秒 なし 送信3.24円/1通
受信無料
初期費用:3,240円
最低利用期間:2ヶ月
1年以内での解約・MNPの場合
解約金(12ヶ月ー利用月数)×1,080円
U-mobile スタンダードプラン 2,138円/月 21.6円/30秒 なし 送信3.24円/1通
受信無料
初期費用:3,240円
最低利用期間:6ヶ月(期間内解約金6,480円)
So-net モバイル LTE +Talk S2 2,041円/月 21.6円/30秒 なし 送信3.24円/1通
受信無料
初期費用:3,240円
最低利用期間:1年(期間内解約金5,400円)
b-mobile スマホ電話SIM フリーData 1,684円/月 21.6円/30秒 なし 送信3.24円/1通
受信無料
初期費用:3,240円
最低利用期間:5ヶ月(期間内解約金8,640円)
mineo デュアルタイプ 1,717円/月 21.6円/30秒 なし 送信3.24円/1通
受信無料
初期費用:3,240円
最低利用期間:1年(期間内解約金10,260円)
OCN OCN モバイル ONE050 plus(50MB/日) 1,134円/月 固定電話:8.64円/3分
携帯&スマホ:17.28円/1分
PHS:10.8円/1分
050 plusアプリ同士
提携プロバイダのIP電話
 なし+129円でSMS利用できるプランあり

格安SIM 音声通話プランを提供している会社の概要

BIGLOBE

BIGLOBEは、ビッグローブ株式会社が運営しています。NECグループから独立した会社です。

イオンの格安スマホにも、使われています。

ドコモ回線を用いたドコモ系の格安SIMです。

BIGLOBEのホームページはこちら

IIJmio

株式会社インターネットイニシアティブが提供会社。 NTTグループが合計約30%を出資している会社です。

ビッグカメラ版「BIC SIM」なども提供しています。

ドコモ系の格安SIM。

IIJmioのホームページはこちら

U-mobile

株式会社 U-NEXTが提供会社。 U-NEXTは、2010年12月にUSENから独立したベンチャー企業です。

ドコモ系の格安SIM。

U-mobileホームページはこちら

So-net

提供する、ソネット株式会社は、ソニー株式会社が 100%出資する会社です。

ドコモ系の格安SIM。

So-netのホームページはこちら

b-mobile

日本通信株式会社は、ウィルコムからPHS回線領域買い取りで事業を始めた、MVNO(*)日本第一号の会社。

ヨドバシカメラと組んで格安スマホを提供しています。

ドコモ系の格安SIM。

b-mobileのホームぺージはこちら

(*)MVNOとは、無線通信インフラを他社から借り受けてサービスを提供している事業者

mineo

株式会社ケイ・オプティコムは、関西電力系列の企業です。

au系の格安SIM を提供しています。

mineoのホームページはこちら

audocomoSoftBankその他スマホを安く運用
スマホの料金を安くするならココ!格安スマホおススメランキング
楽天モバイル
楽天モバイル

1、通話+データ完全1年「無料」その後も1GBまでずっと0円(1年無料キャンペーン受付は4/7(水)終了)
①データ使い放題で、1年間無料。
②楽天LINKアプリを使って電話すれば、電話料金も無料。固定電話にも無料でかけらる。
③さらに1年たった後も1GBまでなら0円。超えても2,980円まで。使った分だけのお得&安心料金

IIJmio
IIJmio

1、「eSIM」利用可能。しかもeSIMの料金は2GBが月額400円~と激安!
2、最大10回線までデータ容量のシェアが可能
3、余ったデータ容量の翌月への繰り越し可能
4、LINE年齢認証可能
5、6月から5Gも無料
6、デュアルSIMのiPhoneなら、楽天モバイルの1GB以下の料金が0円と、この2GBまで400円を組み合わせると3GBまでが400円で利用できる!しかも、「Rakuten Link」を使えば通話料も無料。

Y!mobile(ワイモバイル)
Y!mobile(ワイモバイル)

1、「eSIM」利用可能
2、2回線目から家族割で▲1080円適用。3GB900円。
3、家族割は、同居の家族だけでなく、遠くの親戚、同居している恋人やパートナーでも対象
4、実店舗があるので対面サポートがうけられ安心

スマジョをフォローする
スマ女(初心者のためのスマートフォン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました