どっちが無印?ユニクロ?ダウンベスト比較。その違いはココだ!

むむっ、似ている…。

無印とユニクロのダウンベスト、そっくりすぎる(笑)。

別々に見ると見分けがつかない両者を比べてみました。

表記価格、ダウン&フェザーの割合は一緒

比べたのは、ユニクロのウルトラライトダウンベスト(写真左)と、無印のスタンドカラーベスト(写真右)のメンズLサイズの黒色。

黒色の感じもほぼ同じ。(しいて言えば若干ユニクロのほうが光沢がある)

表記価格も、ともに3,990円

またダウン90%、フェザー10%という中わたの割合も一緒。

そして、両者とも手洗いOK

おっと!価格が実は違っていた

同じ3,990円の表記価格ですが、実はユニクロは税別で、無印は税込価格

消費税分319円だけユニクロのほうが高い

価格にこだわるなら、無印ですね。

大きさと縫い幅の違い

 

着丈(襟の部分は含まない)はともに66cm。

だけど、身幅はユニクロのほうがゆったり

重ねてみると、その違いが一目瞭然。無印のほうが、ひとまわり小さいです。

さらに、横シマ模様の縫い目パイピングは無印のほうが幅広、ユニクロは裾にもバイアステープでの補強がある、という違いがあります。

襟(スタンドカラー)の違い

スタンドカラーは、ユニクロ(写真左)のほうが高く、またしっかり立つハリ感もあります

無印(写真右)の襟はソフト。ふにゃっとした感じ。

襟は圧倒的にユニクロの勝ちですね。

肩回りの厚みの違い

横から見ると、無印(写真右)のダウンベストは、ふっくらしているのがわかります。特にパイピングのない肩回りに厚みがあります。

それに対して、ユニクロのほうは、厚みが均一で薄いです。

ポケットの違い

外側にファスナーポケットが2つあるのはともに同じ。しかし無印(写真右)はファスナーが隠れるようかぶせ生地を施しています。

内ポケットはユニクロ(写真左)が両側に、無印は片側に。

無印の左側にも内ポケットがあるのかと思いきや、外ポケットの裏側。えっ?これが見えてるの?内側に隠せなかったの?と、ちょっと驚きです。

ポケッタブルの違い

ユニクロは収納袋が別になっているのに対し、無印は内ポケットが収納袋に。

無印はココでユニクロとの違いを持たせたかったのでしょうが、ちょっと失敗かな?

なにせ、内ポケットを収納袋にしようとしたために、内ポケットの両側しか縫い付けられておらず、身ごろと内ポケットにすき間が

つまり、内ポケットを、きちんと確認してからモノを入れないと、落とし物を頻繁にしてしまいそう。

コンパクトに収納することが多い人にはいいかもしれませんが、タウンユースするなら、この無印の内ポケット、使いにくすぎる…。

価格、もしくは襟のソフト感が好きなら無印のダウン

価格の安さにこだわる、もしくは、襟が余り高いのは好きじゃない、固いのもイヤという人には、無印のダウンベストはおススメです。

インナー、アウター、ともに洗練されているユニクロのダウンがおススメ

比較してみて、私は圧倒的にユニクロ推しです。

長年、薄くて軽くても温かいを追求してきたユニクロ。

この薄さでも、温かさの即効性はないものの、保温性は秀逸。

薄いから、インナーとして着用しても、ごわごわしない。

撥水加工もされているから、アウターとしても軍配はユニクロ

 

総合的に、消費税の差でしたら、ユニクロのダウンベストをお勧めします。

 

 

(蛇足)

今日アップされた某サイトでの記事では、なぜか無印推しになっている。

だけど、それ、原稿と違う…。

執筆者の私が言っているのだから間違いありません。

 

大人の事情ってやつでしょうかねぇ。

でも署名記事で勝手に内容変えるの、マジやめてほしい。

抗議してやる!とも思ったんですが、やめときます。

 

同日に同じ内容の記事をアップすることで、無言の抵抗。ひっそりと、だけどあらん限りの大声で「私はそんなこと、言ってねぇー」と叫んでおきます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です