スマホ料金2,980円戦争が勃発!ドコモショックにau、楽天&格安スマホはどうなる?2020年末のスマホ事情

LIFE

12/3にドコモが発表した新プラン「ahamo(アハモ)」。

データ20GBと国内通話5分間無料がついて、2,980円という格安のプランを打ち出してきたことは、衝撃的でした。いろいろ動きが活発になってきているので、ここでいちどまとめておきます。

炎上したau

ドコモショックの余韻が残る直後に、タイミング悪くKDDIはauの新料金プラン「データMAX 5G with Amazonプライム」を発表。2Gバイト以上利用なら、月額3,760円から利用できるという、価格的にも内容的にも全くといっていいほど魅力ないプランに、袋叩き状態に。「さよならau」がTwitterでトレンド入りしてしまうほどでした。

すぐに追従したソフトバンク

一方、ソフトバンクは「100%子会社化および吸収合併に向けて検討を進める予定」状態であるLINEモバイルをMVNOからMNOに昇華させて、品質を担保した「ソフトバンク on LINE」を12/22に発表。「LINEがギガノーカウント」という付加価値をつけて、ドコモの2,980円に対抗するプランを打ち出してきました。

2,980円プランを先行していた楽天モバイル

2,980円プランを最初に打ち出してきたのは楽天モバイル。しかも1年間無料にして、ユーザー獲得、囲い込みをせっせと行い、2021年4月から有料化が始まる、といった矢先にドコモショック。

このままだと、価格的メリットは全くなく、いや楽天モバイルのメリット自体が消失してしまいそうです。

なんてったって、私も2020年4月から利用している楽天モバイル。

iPhoneでeSIMを副回線として使っています。

なんてったって、無料。そして使い放題。楽天LINKを使えば電話もタダ。使わない手はありません。

だけど、それはあくまでも「副回線」としての利用。

時々、スマホのキャッシュレス決済を利用しようとレジに並んでいると、つながらないことがあります。も~、ホント、コレ困る。

あわてて、主回線に戻します。

まるで無料のWIFIをつかっているかのよう。

電波が届くか、届かないかは行ってみないとわからないというリスキーな電波(笑)

一応、基地局設置が進んでいるという、東京在住なんですが、ね。

価格のみが大きなメリットだった楽天モバイル。電波の安定している他キャリアが同額だったら、選びません。

1年間、無料にして、せっせとユーザーを囲い込んだのに。

楽天モバイル、どーするんでしょうかね。

それは格安スマホの市場にも言えることで。

2021年は、一気に淘汰されるんでしょうか。

安くなるのはいいのですが、年明けのKDDIと楽天モバイルの動向には注目ですね。

ドコモ、ソフトバンク、楽天モバイル2,980円プラン比較

最後に現時点でわかっているプランを比較しておきます。

ドコモソフトバンク楽天
料金2,980円2,980円2,980円
データ20GB20GB
(LINEノーカウント)
無制限
低速時1Mbps1Mbps
無料通話5分間5分間Link使用で無制限
手続きオンラインオンラインオンライン
店舗
開始日21年3月21年3月20年4月
5G
eSIM
※便利グッズ、新商品情報を継続的に発信しているのでTwitterをフォローして頂けると嬉しいです! @dekoppon
※ライターとして執筆担当したサイトと同じ画像を使用していることがあります。許可済
LIFE
ままろいどをフォローする
mamaorid

コメント