「元彼の遺言状」ミステリー大賞受賞作だからじゃない。購入理由はこの一文!

LIFE

第19回「このミステリー大賞がすごい」の大賞受賞作「元彼の遺言状」を読みました。

「元彼の遺言状」

「元彼の遺言状」は、新川帆立さん作のミステリー小説。

主人公が、美人で優秀、だけど気が強くてお金が大好きという、一見たかぴーなキャラクターの弁護士です。

そして、作者である新川帆立さんは、東大法学部卒業の現役弁護士。

ラジオに登場されてお話されていて、小説家を目指すようになったきっかけが、夏目漱石の「吾輩は猫である」を読んで衝撃を受けた、ということもとても興味深く感じました。

でも、購入しよう!とアクションを起こさせたのが

僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る

という

帯にかかれたコピー。

めちゃくちゃ、気になっちゃいました。

購入という行動に導く一言、自分がなぜ行動に移したのか、自己分析しながら記憶に残しておきます。

ところで内容は、ネタバレになっちゃいそうなので語りませんが、サクッと読める1冊です。

こういうプロット、キャッチの本に出合うと、なんだか血が騒ぐ~(笑)。

選考委員満場一致で大賞に決定した1冊なので、読んで損はないと思いますよ。

元彼の遺言状 (Amazon)

※便利グッズ、新商品情報を継続的に発信しているのでTwitterをフォローして頂けると嬉しいです! @dekoppon
※ライターとして執筆担当したサイトと同じ画像を使用していることがあります。許可済
LIFE
ままろいどをフォローする
mamaorid

コメント