無印の収納新商品「ポリプロピレン収納ボックス」全7種類買ってみてわかった”ダメ”ポイント

無印の収納新商品「ポリプロピレン収納ボックス」全7種類買ってみてわかった”ダメ”ポイント

大人気な無印の収納ボックス。

その収納ボックスに久々に新商品が登場しました。

ネット限定「ポリプロピレン収納ボックス」ホワイトグレー

出典:無印ネット

無印から新登場したのは「ポリプロピレン収納ボックス」

半透明とホワイトグレータイプがあるのですが、人気のホワイトグレータイプはネット限定商品。今のところ店舗での販売はありません。

そのホワイトグレーの「ポリプロピレン収納ボックス」を全7種類購入してみました。

新商品「ポリプロピレン収納ボックス」メリット3つ

無印の説明によると、この「ポリプロピレン収納ボックス」のウリは3つ。

1、ファイルボックスなどの収納用品が隙間なく入る仕様

2、インナートレーを組合せると、今まで無駄にしていたスペースに事務小物や、細かいものなどを収納できる

3、専用のフタをすると、ズレにくく積み重ねることができる

では、その3つのウリを検証してみましょう。

1、PP収納ボックスにファイルボックスは隙間なく入るか

結論から言うと、深型は確かにピッタリ。

ですが、浅い「中」タイプのボックスはピッタリとは言えませんでした

では、詳細を見ていきましょう。

「ポリプロピレン収納ボックス深」に「ポリプロピレンファイルボックス」

まず「ポリプロピレン収納ボックス深」タイプに「ポリプロピレンファイルボックス」を入れてみます。

ノーマルタイプには、ノーマル幅のファイルボックスが2つ、ぴったりと収まります。

ワイドタイプには、ファイルボックスのワイドタイプが3つ、またはノーマル幅3つ+ワイドタイプ1つ、もしくは幅25cmタイプ+ノーマル幅2つがピッタリ収まります。

「ポリプロピレン収納ボックス中」に「ポリプロピレンファイルボックス1/2」

次に「ポリプロピレン収納ボックス中」タイプに「ポリプロピレンファイルボックス1/2」を入れてみます。

組み合わせは「深」タイプと同じですが、こちらはピッタリとはいきません。

四方にすき間ができて、ファイルボックスが中で移動します

結論。

「深」タイプはピッタリですが、「中」タイプは残念な結果に。

ファイルボックスの組み合わせを考えているのなら「深」タイプがおススメです。

2、無印インナートレー収納はどうか

細かい物の収納ができるというインナートレーをチェックしてみます。

インナートレーはノーマルタイプにはぴったり収まり、ワイドタイプには半分にぴったりはめることができます。

内側の深さは5cm

ちょうどいい深さです。

箱のないソフトタイプのティッシュペーパーやウエットティッシュ、お掃除用のウエットシートを入れたり、

化粧品のストックを入れたり

メイクボックス1/4やダイソーの積み重ねボックスの浅型を入れたりできます。

インナートレーは、メチャクチャおススメです(笑)

3、専用のフタで積み重ねるとどうか

最後に、専用のフタをして積み重ねて、そのずれ具合をチェックしてみます。

まずは同じサイズ同士を積み重ねてみると、たしかにぴったり。

安定感が感じられます。

では、今度はサイズ違いのものを重ねてみるとどうか。

溝にはまるので、ズレ感はないのですが、間にすき間が。

う~ん、残念!

ということで、同じサイズのものを積み重ねるにはピッタリ安定感ありますが、異なるサイズの積み重ねには、やや難あり、という結果でした。

新商品「ポリプロピレン収納ボックス」の残念なところ

なぜ、キャスターがつかないっ!

ここが残念過ぎる…。

新商品「ポリプロピレン収納ボックス」の深型ワイドタイプはおもちゃや、リビングのごちゃごちゃしたものを投げ入れる、応急場所として、サイズ感はこれ以上ないくらいGOOD!

これに、キャスターがつけられたら、ほんと、文句のつけようがないんだけど。

キャスターがつかないので、そのままでは移動に適せず。

ここがずごく残念です。

無印の新商品「ポリプロピレン収納ボックス」全7種類購入しましたが、おススメ度としてのトップは、なんといってもインナートレー

「ポリプロピレン収納ボックス深」と「インナートレー」。そしてあればフタ。

これは、おススメしちゃいますよ~(笑)

無印良品カテゴリの最新記事