ついにLINEが仮装通貨事業に!LINE独自通貨「LINK Point」「LINK」仮装通貨時代の幕開け?

ついにLINEが仮装通貨をはじめる

8/31にLINEは、ブロックチェーンを使った「LINKエコシステム」を発表しました。

これは

「ユーザーは、SNSやレビューサイトなどでサービス自体の発展や成長に大きく貢献をしているにもかかわらず、適切なインセンティブをが還元されていない」

という課題をクリアするためのしくみだそうです。

「LINKエコシステム」とは

ユーザーが、「LINKエコシステム」に参加するサービスに登録・利用すると、そこでのアクション内容やサービスへの貢献レベルに応じて、インセンティブとして「LINK Point(日本向け)」や「LINK(海外向け)」を獲得することができるというもの。

ここには「dApp」と呼ばれるサービスが参加するそうです。

「dApp」とは

「Decentralized Applications」の略。

ブロックチェーンの技術を用いた非中央集権的な、オープンソースのアプリケーション。

LINEが発行する2種類の通貨

このシステムでは2種類のLINE独自の通貨が発行されます。

LINK Point(日本向け)

「LINKエコシステム」でのインセンティブとして日本国内向けに発行されるのが「LINK Point」。

獲得した「LINK Point」は、ほかの「dApp」サービスで使用できるほか、「LINEポイント」に交換可能。

「LINEポイント」は、1ポイント=1円として、LINE Payでの決済やLINEサービスでの購入・決済に利用できま。

LINK(海外向け)

「LINK」は、日米を除くユーザーに配布され、仮想通貨交換所「BITBOX」での取扱を予定。

ただし、日本居住者であるユーザーは、日本での規制上、グローバルの仮想通貨交換所「BITBOX」にて、「LINK」の売買・交換等を行うことはできないとのことです。

 

 

「LINE Token Economy」構想を発表 [LINE]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください