LINEで妊婦さんへ席譲り「&HAND」(あんどはんど)実証実験スタートで事前登録

    公開日:2017年12月11日  
  • 連携アプリ
LINEで妊婦さんへ席譲り「&HAND」(あんどはんど)実証実験スタートで事前登録

妊婦さんへLINEを通して席を譲る「&HAND」の実証実験が東京メトロ銀座線でスタートします。

LINEで席ゆずり「&HAND」(アンドハンド)とは

席を譲ってほしい人が「席を譲ってほしい」とメッセージすることで、予め登録していた席を譲ってもいいというサポータあてに通知が届き、妊婦さんに席を譲ることができる、というもの。

どんなものか、下記の紹介動画をみれば一目瞭然。

席を譲ったときに

「次の駅で降りますから」とか「大丈夫です」とか断られた経験を持つ人は少なくないのではないでしょうか。

お互いの善意がかみ合わないだけなのに、ちょっと苦い経験。

ワタシも、相手の顔や様子を少し観察してからでないと、声をかけられない小心者です。

 

また妊婦時代には、妊娠初期につわりがひどかったにもかかわらず、見かけは普通の姿だったので、席を譲ってもらうことに躊躇した記憶もあります。

 

そんなときに、LINEを通じてスムーズに善意のバトンタッチができるのは、とてもありがたいことだと思います。

早速サポータとして登録しました。

LINE「&HAND」サポータ登録方法

1、LINEで「&HAND」のLINEアカウントを「友だち登録」

「&HAND」と入れて検索。&とか入力面倒と思われる方(ワタシもですが)は「妊婦」と入れてみると公式アカウントの一番上に表示されました。

2、LINE BeaconをONに

LINEの設定>プライバシー管理>LINE Beaconを利用を「ON」に

続いて「Bluetooth」をONに

3、LINE「&HAND」のプロフィール設定

トーク画面の上記案内をタップすると認証画面に移動します。

LINEのプロフィール情報から、名前、アイコン画像、ステータスメッセージが&HANDに提供されるので「同意する」をタップ。

ハンドルネームと「妊婦」「サポータ」どちらで参加するかを登録。

性別、生まれた年、職業は未入力でも大丈夫でした。

 

これで事前準備完了です。

東京メトロ銀座線で実証実験

この「&HAND」の実証実験が本日から銀座線で実施されます。

【実証実験が行われる車両】

東京メトロ銀座線の最後尾車両内

【実証実験が行われる日時】

2017年12月11日(月)~15日(金)の5日間

①上野駅 10:08発 →(途中駅乗降可能)→ 表参道駅 10:33着
②渋谷駅 10:55発 →(途中駅乗降可能)→ 上野駅  11:23着
③上野駅 11:08発 →(途中駅乗降可能)→ 表参道駅 11:33着
④渋谷駅 11:55発 →(途中駅乗降可能)→ 上野駅  12:23着
⑤上野駅 13:47発 →(途中駅乗降可能)→ 表参道駅 14:12着
⑥渋谷駅 14:31発 →(途中駅乗降可能)→ 上野駅  14:59着
⑦上野駅 14:47発 →(途中駅乗降可能)→ 表参道駅 15:12着
⑧渋谷駅 15:31発 →(途中駅乗降可能)→ 上野駅  15:59着

「アンドハンド」プロジェクトチームが、席に座りたい妊婦の方と席をゆずりたい周囲の乗客をつなぐ「&HAND」の実証実験を実施しますので、銀座線を利用される方は参加してみてはいかがでしょうか。

 

 

今回事前登録して、登録時に少し躊躇したのが、プロフィール設定。

実証実験のためのものかと思いますが、プロフィール登録は、プチハードルになるかもしれないと感じました。

 

新しい試みのため、データどりは必要でしょうが、登録する身としては、

「登録してるけど、全然稼働してないじゃないか」とか

「譲ってほしいメッセージスルーした」とか

そんなことが読み取られちゃうんじゃないか、そんな危惧が頭を掠めます。

 

登録なしで、気軽に参加できるほうが、サポータとしても気が楽。

そのあたりを考えてもらえると、参加者も増えるのではないかと思います。

 

今後対象者を障害を抱える方や外国人旅行者などに広げるとのこと。サポートしたけれど、何をしていいのかわからない人と、サポートが必要な人をつなぐサービス。ぜひとも成功して広がってほしいですね。

 

 

 

 

&HAND公式ページ

DNP・東京メトロ・LINE、「アンドハンド」プロジェクトチームと銀座線内で妊婦の方と乗客の善意をつなぐ実証実験を実施(LINE)

 

 

 

連携アプリカテゴリの最新記事