iPhone11を配送修理に出す方法・手順

iPhone

勝手に再起動されちゃうiPhone11を修理にだすことにしました。

修理では店頭で受け付けする「持ち込み修理」と「配送修理」が選べます。

今回は配送修理を選択しました。

iPhoneの配送修理への手順

Appleのコールセンター経由で修理を依頼したので、オペレータの指示で「iPhoneを探す」と「iMessage」をオフにすることを求められました。

iPhoneを探すをオフに

Apple IDとパスワードが必要です。

「iMessage」をオフに

iPhone をバックアップ

「iCloud」でバックアップしました。

「設定」>「ユーザ名」>「iCloud」>「iCloud バックアップ」>「今すぐバックアップを作成」

Wi-Fi環境が必要です。

iPhoneを初期化

バックアップが完了したら、いよいよiPhoneの初期化を行います。

iPhoneには初期化という項目はなく

「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」

4桁のパスコードと Apple ID のパスワードが必要です。

SIM カード、ケース、画面保護フィルムの取り外し

SIMカードやケースは簡単に取り外せますが、画面保護フイルムはどうしよう…。

迷いましたが、ラップで包んで保管してみました。

iPhone11の電源オフボタンはどこ?

SIMカードを取り外す時に電源オフにしようとして、ハタと

「電源ボタンってどれ?」

悩みました。

結論。iPhone11は右側面の「サイドボタン」と左側面下の「音量を下げるボタン」を同時に長押しで、電源オフができます

電源オフボタンって、あまり使わないボタンなんですね。

これで、あとはヤマトさんがとりに来てくれるので、お渡しするだけ。

さて、何日で戻ってくるでしょうか…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました