iPhoneの顔認証 マスク姿でもFace ID認証OKな登録方法

iPhoneの顔認証 マスク姿でもFace ID認証OKな登録方法

便利なはずのiPhoneの顔認証も、新型コロナ対策でマスク着用時には認証されずに不便。

プチストレスを感じていましたが、マスクを着用したままでもFaceID認証をパスできる、という裏技?をテレビで紹介していたので、試してみたら、快適でした。

マスク姿OKなiPhone顔認証の登録方法

引用: 9to5Mac

マスク姿OKなiPhone顔認証の登録は、FaceIDの登録に必要な2回の顔登録作業を利用する方法です。現在のFaceIDをリセットして、マスクを半分にして、1回目は右半分、2回目は左半分マスク姿で顔認証登録します。

具体的には

1、設定>FaceIDとパスコードで、パスコード入力して「FaceIDをリセット」をタップ

2、FaceIDを登録をタップ

3、1回目はマスクを2つ折りにして右半分のみマスク姿で「開始」をタップしてFaceIDを登録

4、2回目は2つ折りにしたマスクを左半分につけ「開始」をタップしてFaceIDを登録

この方法で登録してみたら、マスク姿でも顔認証できるようになりました。

ただ、マスクを目の下あたりまで深くつけていると認証できないことが多発。なので、鼻先ぐらいまで下げる感じでやや浅めにマスク着用だと失敗が少なくなります。

セキュリティとしては、質が低下するという報道もあるので、新型コロナが落ち着いたら、もとのマスク姿でない顔認証に戻したほうが良さそうです。

iPhoneカテゴリの最新記事