ホリエモンの本2冊「好きなことだけで生きていく」「これからを稼ごう」

iPhoneのバッテリー交換の待ち時間にできた読書タイムに

ホリエモンの本を2冊読破したので、読後メモ。

 

好きなことだけで生きていく

「組織を選ぶ時代は、もう終わった。個人で仕事を作れば、必ず稼げる」

そんなサブタイトルにも魅かれて手に取った本。

堀江貴文イノベーション大学校HIU なるものの存在を知ったのも、この著書。

おそらく、その宣伝も兼ねているのかな?

 

でも

「情報の有無が判断の差につながる」

「安定した本業をあてにせず、自分の土俵でキチンと責任をとる」

今までモヤっとした中をさまよっていた自分を、出口だと思われる方向に目を向けさせてくれたかも。

 

電話は時間のレイプだなんて。なんだか言い得て妙なだなぁと変なところで感心もしたし。

 

書籍の中で、ホリエモンが「おススメの有料メルマガ」として挙げた著者(敬称略)を忘れないうちにメモ

井戸実、大川弘一、夏野剛、中島聡、岩崎夏海、藤沢数希、高城剛、神杉隆、磯崎哲也、津田大輔、勝間和代、勝谷誠彦…。

 

好きなことだけで生きていく。 (ポプラ新書)

これからを稼ごう

仮想通貨を勉強しなきゃいけない

なのに、内容が頭に入ってこない…。

 

そんな仮想通貨アレルギーには、サクッと外堀がわかる1冊かも。

 

 

カードだったり、電子マネーだったり、使うのは「お金」じゃなくなっている。

だから、「これからお金はどうなっていくのか」が興味深い。

 

これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話

 

3時間で2冊読破。サクッと読むにはちょうどいいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください