100均「インスタントコーヒーキャップ」が、ちょっとダメだった

アイスコーヒーが飲みたくなる季節到来。

インスタントコーヒーにミルクと氷を入れてサクッと作っています。

コーヒーをストックする瓶にはスプーンを入れていない、ズボラ組ですが、100均で、ちょうどいい分量が振り出せるキャップを見つけたので、試してみました。

インスタントコーヒーキャップ

100均ダイソーで見つけた「インスタントコーヒーキャップ」

ネーミングのとおり、もともとついているフタと交換して使うインスタントコーヒーのキャップです。

瓶の口サイズによって、レギュラーサイズ、スモールサイズの2種類あります。

スモールサイズ対応口径:40㎜〜43㎜

レギュラーサイズ対応口径:51㎜〜61㎜

今回は70gの瓶に使用するためスモールタイプを選びました。

2振りで適量が出るコーヒーキャップ

パッケージにも明記されている通り、適量は2振り。

1振りじゃないんですねぇ。

ソコを間違わなければ、サクッと出せて、う~ん、なかなか便利!と思ったのですが。

蓋を開けるときに、外れそうなストレス

 

対応口径サイズに幅をもたせているので、瓶にピッタリサイズではなく、ややゆるめ。

そのため、蓋をあけるちょっとの力でも、蓋全体が浮いて外れそうに。

なので、蓋を開けるときには、根元を抑えるという動作が必要でした。

残り少なくなると、適量じゃなくなる

蓋の裏側に、コーヒーを適量ためて、それを振り出すしくみなのですが、残り少なくなると、適量がフタ裏にたまらない…。

そして、いつからその状態になるのか、わからず

「あれ、味薄い?」

で気づく残念さ。

 

う~ん。

発想はいい商品なのですが、

ちょっとイラッとしてしまいます。

 

100均に、そこまで求めちゃいけないんだろーけど、「秀逸」とか謳ってる商品レビューに、お前、本当に使ってみた?本当にそう思っているのかよっ!って、つっこみたくなる1品でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください