LINEのグループトークをしていると、ときどきすごい勢いでトークが流れてしまうことがあります。

そんなとき、文字入力をもっと早くしたい!と思います。

文字入力が遅いとお悩みな方にオススメなのが「音声入力」。

話して、確認して、送信ボタンをタップするだけなので、文字入力が苦手な方は、返信スピードが格段にアップします。

 

※スマホでの音声入力方法を知りたい方は「LINEは音声入力を使うとトークが便利!シニアにおすすめ!らくらくスマホでもOK」を参照してください。

iPhoneとAndroid(Google)スマホの音声入力でできることの違い

便利な音声入力ですが、iPhoneとAndroidのスマホで、できることに差があります。

その一番の差が「改行と句読点」が音声入力でできるか、できないか

iPhoneは「改行」や「てん」とスマホに向かって話せば、改行や「、」が入力できます。

 

しかし、残念ながらAndroidのスマホは、この「改行と句読点」が音声入力できません。

(正確には「できない」のではなく、日本語に対応していないということ。句読点に対応しているのはドイツ語、英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ロシア語のみです)

 

そこを補い、Androidのスマホの音声入力で「句読点」の入力や「改行」ができるようになるアプリがあるのでご紹介します。

Android(Google)スマホの音声入力で句読点OKにしてくれるアプリ「Swype Keyboard」

残念ながら2018年2月「Swype」はiOS版、Android版ともにサービスの提供が終了されたようです。トライアル版はまだ存在しますが、本体サービス終了に伴い今後サポートもされないものと思われます。

後継アプリは「Androidスマホ「音声入力」で改行や句読点が使える無料アプリ。LINEやSNSで文字入力が苦手な方にを参照してください。

 

「Swype Keyboard」は、Android(Google)のスマホでも、改行や句読点を音声入力でもできるようにしてくれるキーボードアプリです。

110円の有料アプリですが、トライアル版は無料で試せるので、「Swype Keyboard」のトライアル版を試してみました。

「Swype Keyboard」に入力するキーボードが置き換わるので、音声入力画面も上記のような体裁になります。

「Swype Keyboard Trial」の設定、使い方

では簡単に「Swype Keyboard Trial」の設定、使い方を見てみましょう。

1、アプリ「Swype Keyboard Trial」をダウンロード

Googleストアから「Swype Keyboard Trial」をダウンロードします。

ダウンロードしてアプリを開くと上記の画面になりますので、真ん中の矢印をタップ

2、「Swype Keyboard Trial」を有効に

真ん中の矢印をタップすると設定画面になります

3、Swype+Dragon Trial のチェックボックスをONに

「Swype Keyboard Trial」をON(右のボタンをタップして青色にする)にすると有効になり、入力キーボードが「Swype Keyboard Trial」に置き換わります。

※もとに戻したいときは、スマホの設定(歯車マーク)>言語と文字入力から、変更できます。

4、言語は日本語を選択

お試しで使ってみる場合は同期せず「スキップ」で。同期は実際に使い続けたい、となったときにするほうがいいと思います。

「Swypeへようこそ!」が表示されれば、設定は完了です。

「Swype+Dragon Trial 」キーボードでの音声入力方法

入力窓をタップすると、「Swype+Dragon Trial 」のキーボードが表示されます。

音声入力のマイクは右下にあります。

スマホ音声入力で入力できる句読点の種類

基本的には「記号の読み方」で、句読点は音声入力できます。

改行 → かいぎょう

「、」→ とうてん

「@」→ あっとまーく

ほかにも、「記号の読み方」などでググると読み方のヒントがでてきます。いろいろ試してみるといいですね。

 

LINEだけではなく、カカオトークやTwitter、Facebook、メールや返信の返しが早く、楽になります。

入力が遅いと感じているのなら、トライアル版は無料なのでキーボートの使い勝手を試してみるといいですね。

 

 

参照:記号の読み方辞典