12/13、LINEは「送信取消」機能をリリースしました。

LINE

LINE 「送信取消」機能とは

LINEが今回新たに追加した「送信取消」機能は、送ったメッセージやスタンプを、24時間以内なら取消すことができるというもの。

1対1でのトークでも、グループトークでも24時間以内なら取り消せるので、相手を間違えて送信してしまった時に便利だろう、と思ったのですが、実は全くなかったことにはできないようです。

LINE 「送信取消」機能の使いかた

まずはLINEの「送信取消」機能の使い方をチェックします。

1、この新機能を使うには、まずLINEを最新バージョンにする必要があります。

LINEを開いて、その他>設定(右上の歯車マーク)>LINEについて(最下部)で、最新バージョンになっているか、確認します。

2、トーク画面で、送信取消したいトークを長押しすると表示される中から「送信取消」をタップ

3、ポップアップが表示されるので、右下の「送信取消」をタップ。

4、送信取消されると、トーク画面には「メッセージの送信を取り消しました」と表示されます。

 

LINE「送信取消」すると相手にはどう表示されるか

LINEで「送信取消」すると相手のトーク画面には、あなたがメッセージを取り消ししたことが表示され、取消したメッセージは表示されません。

 

LINEで「送信取消」したときのあなたのトーク画面

LINEで「送信取消」したときの相手のトーク画面

取消したという痕跡は残りますが、トーク内容は消えてみることができなくなっています。

LINE「送信取消」しても残る消えない通知

しかし、取消した内容を完全に消去するのは無理かもしれません。

LINE「送信取消」しても表示され続けるポップアップ

通知バーにも残るメッセージ

 

つまり、相手がLINEの通知を「ON」にしていると、送信取消しても、メッセージの内容は残ってしまい、相手に内容は知られてしまう可能性があります。

LINEの「送信取消」は、全くなかったことにはできない

多くの人が、メッセージの通知をオンにしていると思うので、「送信取消」は、まったくなかったことにはできない、気休めにすぎない機能だと言えるかもしれません。

 

ということは、やはり、誤爆はさけられず、送信相手は確認してからメッセージを送らないといけないのは変わらないということですね。…残念(笑)。