しばらくぶりにアプリを修正しようとEclipseを立ち上げてみるも、どうもご機嫌斜め。

いろいろバージョンアップもしているだろうし、様変わりしているだろうと、一念発起。

Eclipseを再インストールすることにした。

 

どうぜなら、イチからやってみよーじゃないの

 

なんて、血迷ったもんだから、もう、丸1日すったもんだ…。

プログラマーを名乗れない者の最大のネックは開発環境の設定だって、忘れてたよ。

 

何が大変だって、必要なものがあちこちに散らばっていること。で、それを合体させること。

ダウンロードするものだけでも、EclipseとAndroid-sdkとjdkといった具合に複数あるわけで。

それにパスをとおして使えるようにするのが、ほんと、面倒…。

 

プログラマーの皆様をホント尊敬しちゃう。

情報をたくさんネットに転がせておいていただいて、ありがたい。

 

でも、これから環境設定しようとする人がいたら、検索するときには必ず「2012」とかいれたほうがいい。

どんどん進化しているから、昔のものは全く役立たない。

新しい情報だけど入手する工夫はしたほうがベストだっちゅー教訓を残しとくよ。

 

eclipseインストール

まずはファイルをダウンロード

ダウンロードしたファイル

クリックすると解凍のダイアログが表示される

「解凍」をクリック。数分かかる

終了するとファイルができている

ファイルの中身

 

jdkのダウンロード

windowsを選択

ダウンロードされたファイルをクリックして実行

インストールウィザードに従って「次へ」をクリック

マイコンピュータを右クリックして

プロパティ>詳細設定>環境変数

 

 

 

ADTのインストールeclipseとandroid-sdk

ADTとはAndroid Development Toolsの略で、EclipseでAndoroid開発を行うためのプラグイン。
Eclipseを起動しメニューのヘルプから「新規ソフトウェアのインストール」を選択。

追加ボタンをクリック。
「サイトの追加」画面
名前「Android Plugin」(名前は任意)
ロケーション「https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」を入力。「OK」ボタンを押す。
我が家の場合、これではエラーがでたので
「http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」を入力した。


確認画面が出るので「次へ」
「使用条件の条項に同意します」をチェックして完了。

AVD保存先の変更

cドライブのユーザー名を漢字にしている、おバカ者で

このままだとAVDアンドロイドの仮想ディバイスが立ち上がらない。

以前はiniの書き換えをしたような記憶があったのだけど、「環境変数」の設定に「新しいシステム変数」を追加してやればいいらしい。

「変数名」に「ANDROID_HOME」と「ANDROID_SDK_HOME」を追加して、英数文字だけのファイル名でdドライブを指定した。

詳しくは、こちらを参考にさせてもらった。

AVD保存先の変更

 

はぁ。

さらりと書いているけど、この間、何度もエラーに遭遇し

仮想ディバイスが立ち上がるまで半日。

旧環境で作成したファイルを新環境に適応させるために半日。

結局、始めるまで丸1日かかった…。

ということで、ようやく再スタート地点に到着。

スタート地点にさえ、こんなすったもんだして、これから先が思いやられるけど。

でも。これからまた、がんばるぞ=3