100億円あちゃうキャンペーンで話題の「PayPay」

PayPayってなに?

話題の「PayPay」は、電子決済アプリです。

アプリにお金をチャージしたり、クレジットカードと連携させたりして、支払ができます。

中国ではすでに普及しているQRコード決済で、同様のサービスとしてLINEの「LINE Pay」、楽天の「楽天ペイ」があります。

店舗側は、QRコード決済サービスは初期費用が低く、規模の小さなお店でも導入しやすいというメリットがあります。

そのため、今後拡大するサービスとして、大手が普及にのりだしている状況ですね。

PayPayの運営会社

PayPayを運営しているのは、PayPay(株)。

ソフトバンク(株)とヤフー(株)の合弁会社で、2018年(平成30年)に設立しました。

また「PayPay」は、インド最大の決済サービス事業者であるPaytmに技術提供を受けています。

ダウンロードするだけでもれなく500円もらえる

2018年10月5日から、サービスの提供を始めたPayPayですが、期間区切らず、アプリをダウンロードすると、もれなく500円もらえます。

500円もらうために提供する個人情報は電話番号のみ

500円もらえると言っても、金融情報を含む個人情報を提供するのには抵抗があったのですが、

必要だったのは、電話番号のみでした。

PayPayで500円もらう手順

まずはアプリストアでアプリをダウンロードします。

開くと電話番号とパスワードを入力する画面が表示されるので、入力します。

入力した電話番号にショートメールで4桁の数字が送られてきます

その4桁の数字を入力。

これだけで、500円がもらえました。

500円PayPayボーナスは2年間有効

この500円は、PayPayを使って支払うと使えます。

コンビニだとファミリーマートで使用可能なので、試しに使ってみてもいいですね。

また、もらえた500円の有効期間は2年間。

使える店舗は今後どんどん増えそうなので、少し待ってみてもいいかもしれません。

 

 

12月4日から2019年3月31日まで、月5万円を上限に20%キャッシュバックしてくれる「100億円あげちゃうキャンペーン」も実施しています。

家電量販店でも使えるので、電化製品を購入予定の方は、使える店舗をチェックしてみるといいかも。

なお、付与される総額が100億円に達した場合、キャンペーンは途中終了するとのことです。

 

 

PayPay公式サイト