2019バレンタインデーチョコは「初登場」を狙え!海外人気の限定チョコ注目株

大丸松坂屋のchocolate partyバレンタイン2019に行ってきました。

昨年は、人気の限定品が1月中に売り切れてしまったそうで、早めのチェックがよさそうですよ。

それでは、今年の注目株をご紹介します。

海外ショコラティエ限定チョコ初登場編

史上最年少で3つ星獲得「アラン・デュカス」

2018年日本初上陸してから、最初のバレンタインデーとなる「ル・ショコラ・アラン・デュカス」。

史上最年少で3つ星を獲得した天才パテシエが率いるブランドです。

カカオ豆からショコラができるまで、そのすべての工程を伝統的製法でショコラティエが手作り。

細かなナッツ類の食感と後からくるフルーティな上品な味わい。

そのショコラが15個入った「デクヴェルト詰め合わせ」は、初登場一押しの注目株です。

アラン・デュカス

初登場パリの新進気鋭ショコラティエ「エドワート」

オリジナリティあふれるショコラを探しているなら、おススメしたいのがコレ。

エドワートはチャレンジ精神旺盛で、ニューヨークタイムズ紙が選ぶパリのショコラティエに選ばれています。

今年初登場で、大丸松坂屋一押しショコラです。

見た目から想像するフレーバーと異なる味を楽しめます。

エドワート

青と赤のショコラ

フランスから青と赤のショコラが、国内初登場です。

青のショコラ「ラ・メゾン・デュ・ケルノン・ダルドワーズ」

フランス西部ロワール地方のアンジェという街の屋根瓦をイメージした青いチョコ。

アーモンドとヘーゼルナッツ入りのヌガティンにブルーチョコレートがコーティングされたもの。

ラ・メゾン・デュ・ケルノン・ダルドワーズは8個入り。2,268円(税込)

赤のショコラ「アーティゾン・パショネ」

赤いハンカチーフがモチーフのショコラ。

オレンジ風味のアーモンドペーストとプラネリのビークッシュが赤いチョコでコーティングされています。

ムシュワール・ダ・ショレは3,348円(税込)

昨年の売れ筋ショコラベスト3

1位 ブルガリ「サン・バレンティーノ」

ブルガリのバレンタイン限定ボックス。イタリアならではの食材をチョコに仕立てた逸品です。

パッケージにもこだわりを感じます。

サン・ヴァレンティーノ2019“ルイ・エ・レイ”

2位 ピエール・エルメ・パリ「ボンボンショコラ」

パティスリー界のピカソと称されるピエール・エルメ。輝きとまろやかさ、芳香で上品なショコラとなっています。

ゴマを使った「ウーヴルトワ」やパッションフルーツの「モガドール」など8種入りです。

ピエール・エルメ・パリ

3位 デルレイ「ダイヤモンドBOX」

高級感あふれるパッケージ。ダイヤモンド型のボックスには6種のショコラが並んでいます。

食べるジュエリボックスです。

デルレイ ダイヤモンドBOX6個入り

 

どれも数に限りがあるので、殊更の1品を見つけるなら、今月中にチェックしたほうがよさそうですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください