「認知機能テスト」らくらくスマホ(F-42A)なら4,700円→500円(9/30まで)無料お試しもあるよ

ゲーム・脳トレ

らくらくスマートフォンの最新バージョンF-42Aには、「認知機能検査」というアプリが最初からインストールされています。

このアプリは通常4,700円かかる認知機能テストですが、らくらくスマートフォンF-42Aユーザーなら500円でテストが受けられるキャンペーンを実施しています。

「認知機能テスト」とは

らくらくスマートフォンを提供している富士通コネクテッドテクノロジーズ(株)は、米国サンフランシスコに本社のあるSavonix, Inc.と提携し、 Savonix 社が開発・運営する認知機能テストをらくらくスマートフォンに導入しています。

2020年9月に販売された「らくらくスマートフォンF-42A」には、あらかじめ「認知機能検査」アプリがインストールされています。

(「健康・ショッピング」のカテゴリータブを開くと「認知機能検査」が表示されます)

らくらくすまほF-42Aユーザーは980円で認知機能検査が受けられる

この「認知機能テスト」アプリは、従来価格4,700円の認知症検査ですが、F-42Aユーザーは980円でテストが受けられます。

さらに、キャンペーンを実施していて、9/30までなら500円で検査が可能。もし、認知機能に不安を感じていらっしゃるのなら、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

「認知機能テスト」は1回だけ無料で受けられるお試しも

この「認知機能検査」アプリには1回だけ無料で受けられるお試しバージョンがついています。

この無料体験版は生年月日、性別、最終学歴、色盲の有無を登録するだけで受けられます。

「認知機能検査」無料体験をするときの注意点

この認知機能検査は3~6分程度の時間がかかります。途中で中断することができません。

また音声による読み上げもあります(音声オフにすることも可)

メモをとること、誰かに協力してもらうことはNGです。

なので、音が出ても大丈夫な落ち着ける、10分程度誰にも邪魔されない場所で実施するのが良さそうです。

テストには、練習もあり、また丁寧な説明があるので、アプリの通りに進めば問題なく実施できます。

無料版のテスト結果は平均との比較となっています。

まずは無料版を試してみて、気になる方は認知機能検査が500円で受けられるので、9/30までに検討されてみてはいかがでしょうか。

※情報をいちはやくお届けするためにTwitterをフォローして頂けると嬉しいです! dekoKei(@dekoppon)|Twitter

ゲーム・脳トレ
シニア向けスマホ会社おすすめランキング
楽天モバイル
楽天モバイル

・3カ月無料キャンペーンでユニバーサルサービス料も無料に
・データー容量1GBまで0円
・通話も「Rakuten Link」アプリを使えば0円
・さらに無制限に使ってもMAX2,980円(3,278円)まで。使った分だけのお得&安心料金

Y!mobile(ワイモバイル)
ワイモバイル

・実店舗数が多い
・@ymobile.ne.jpのキャリアメールが無料でついている
・ソフトバンクのサブブランド

UQモバイル
UQモバイル

・余ったデータ容量を翌月に繰り越し可
・@uqmobile.jpのキャリアメールあり(ただし有料)
・auのサブブランド

イオンモバイル
イオンモバイル

・全国イオンでアフターサービス対応
・60歳以上限定「やさしいプラン」あり
・LINEの年齢確認に対応しID検索が可能

ビッグローブモバイル
ビッグローブモバイル

★★自宅で落ち着いて契約できる「ご自宅出張申し込み」サービス★★

自宅まで訪問員が出張してくれるサービスがあるので、自宅で落ち着いてゆっくりと申し込み手続きや、スマートフォンの動作確認までできます。

「arrows M05」は、24か月分割払いで総額34,800円。
端末料金が含まれる24か月間は3,650円/月、以降は2,200円/月。
これには、スマホ端末料金、データ通信3GB、BIGLOBEでんわで1,080円分の国内通話(最大60分)が含まれます。

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE

★★シニア向け機種「arrows M05」が他社に比べて安い★★

「arrows M05」16,390円。
さらに他社からの乗り換え「MNP」で5,000円OFF!とスマホ本体の価格がお買い得です。

ままろいどをフォローする
シニアのスマホ

コメント

タイトルとURLをコピーしました