ドコモショップで契約できる550円/月「エコノミーMVNO」が10/21開始

docomo(ドコモ)

NTTドコモは10月21日から、「ドコモのエコノミーMVNO」をスタートすることを公表しました。

これは格安スマホと呼ばれるMVNOの商品をドコモショップで販売するというもの。

まずはNTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」が参加。12月からはフリービットの「トーンモバイル」も参加予定となっています。

ドコモのエコノミーMVNO の特徴

「ドコモのエコノミーMVNO」のメリットは何と言っても、ドコモショップで契約できること。つまりわからないことは聞けるので、今まで格安スマホに手が出せなかった人でもチャレンジしやすくなりました。

また「dアカウント」「dポイント」と連携していて、通信料金やサービス利用に「dポイント」が付与され、料金の支払いにも使えます。

なお、ドコモショップでは以下のサービスが受けられます。

・エコノミーMVNOが提供する通信サービスの新規契約
・端末の販売
・端末の初期設定サポート(当該店舗で購入したもの)
・ドコモ取扱店で購入した端末の故障受付
・「ドコモスマホ教室」の受講

OCN モバイル ONE(NTTコミュニケーションズ)

スマホデビューされる方におすすめの月額500円(税込550円)のコースが新設されます。

その内容は、月間0.5GBのデータ量+最大10分相当の無料通話つき。ネットをあまりしない方向けのプランとなっています。

60歳以上なら12か月1GBに

60歳以上の方のスマホライフを応援するキャンペーンが開催され、対象条件を満たす場合、最大12カ月間、実質1GB/月が可能となります。

「OCN」で「dポイント」取り扱いを開始

10月21日(木)より、「OCN」で「dポイント」の取り扱いがスタートします。「OCN」会員は、「OCN」の利用料の支払いで「dポイント」がたまり、貯めた「dポイント」を料金のお支払いに充当することもできるようになります。

発表記念セール情報

「goo Simseller」で、月額500円(税込550円)のコースの発表を記念し、「AQUOS R6」や「Xperia 10 III Lite」などのスマホと、「OCN モバイル ONE」月額500円(税込550円)コース音声対応SIMとのセット商品を取り揃えた、特価セールが開催されます。

※情報をいちはやくお届けするためにTwitterをフォローして頂けると嬉しいです! dekoKei(@dekoppon)|Twitter

docomo(ドコモ)
シニア向けスマホ会社おすすめランキング
楽天モバイル
楽天モバイル

・3カ月無料キャンペーンでユニバーサルサービス料も無料に
・データー容量1GBまで0円
・通話も「Rakuten Link」アプリを使えば0円
・さらに無制限に使ってもMAX2,980円(3,278円)まで。使った分だけのお得&安心料金

Y!mobile(ワイモバイル)
ワイモバイル

・実店舗数が多い
・@ymobile.ne.jpのキャリアメールが無料でついている
・ソフトバンクのサブブランド

UQモバイル
UQモバイル

・余ったデータ容量を翌月に繰り越し可
・@uqmobile.jpのキャリアメールあり(ただし有料)
・auのサブブランド

イオンモバイル
イオンモバイル

・全国イオンでアフターサービス対応
・60歳以上限定「やさしいプラン」あり
・LINEの年齢確認に対応しID検索が可能

ビッグローブモバイル
ビッグローブモバイル

★★自宅で落ち着いて契約できる「ご自宅出張申し込み」サービス★★

自宅まで訪問員が出張してくれるサービスがあるので、自宅で落ち着いてゆっくりと申し込み手続きや、スマートフォンの動作確認までできます。

「arrows M05」は、24か月分割払いで総額34,800円。
端末料金が含まれる24か月間は3,650円/月、以降は2,200円/月。
これには、スマホ端末料金、データ通信3GB、BIGLOBEでんわで1,080円分の国内通話(最大60分)が含まれます。

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE

★★シニア向け機種「arrows M05」が他社に比べて安い★★

「arrows M05」16,390円。
さらに他社からの乗り換え「MNP」で5,000円OFF!とスマホ本体の価格がお買い得です。

ままろいどをフォローする
シニアのスマホ

コメント

タイトルとURLをコピーしました