au ガラケー携帯電話で使う「3G回線」契約4月1日に自動解約となる

au

au(KDDI)は「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯電話で使う「3G回線」が2122年4月1日に自動解約になることを公表しました。

au 3G契約を自動解約。2122年3月末にサービス終了

au(KDDI)は11月29日に「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯電話などで使われる第3世代(3G)回線について、来年4月以降、契約が自動解約になることを発表しました。

これは、3Gのサービスが来年3月末に終了になることに伴う措置。3Gを2003年から提供してきたau(KDDI)ですが、高速なデータ通信に対応した4Gや5Gの普及に伴い、利用者が減少していたとのことです。

auの自動解約となる機種。一部UQ mobileもあり

自動解約対象プランは「CDMA 1X WIN」もしくは「VoLTE非対応SIMカード」。一部UQ mobileも対象になっています。

「CDMA 1X WIN」対応機種

引用元:KDDIプレスリリース

VoLTE非対応機種

引用元:KDDIプレスリリース

解約となると、電話やメールなどができなくなります。

自動解約となった場合、どうしたらいいのか

現在使用している電話番号とメールアドレスは来年6月末までau(KDDI)にて保管されます。

同じ電話番号で携帯を継続しようしたい場合は、6月中に4Gなどの回線への契約変更が必要。

なお、その際の手数料無料です。

引用元:KDDIプレスリリース

詳細は下記ボタンより、KDDIのニュースリリースにてご確認ください。

※情報をいちはやくお届けするためにTwitterをフォローして頂けると嬉しいです! dekoKei(@dekoppon)|Twitter

au
シニア向けスマホ会社おすすめランキング
楽天モバイル
楽天モバイル

・3カ月無料キャンペーンでユニバーサルサービス料も無料に
・データー容量1GBまで0円
・通話も「Rakuten Link」アプリを使えば0円
・さらに無制限に使ってもMAX2,980円(3,278円)まで。使った分だけのお得&安心料金

Y!mobile(ワイモバイル)
ワイモバイル

・実店舗数が多い
・@ymobile.ne.jpのキャリアメールが無料でついている
・ソフトバンクのサブブランド

UQモバイル
UQモバイル

・余ったデータ容量を翌月に繰り越し可
・@uqmobile.jpのキャリアメールあり(ただし有料)
・auのサブブランド

イオンモバイル
イオンモバイル

・全国イオンでアフターサービス対応
・60歳以上限定「やさしいプラン」あり
・LINEの年齢確認に対応しID検索が可能

ビッグローブモバイル
ビッグローブモバイル

★★自宅で落ち着いて契約できる「ご自宅出張申し込み」サービス★★

自宅まで訪問員が出張してくれるサービスがあるので、自宅で落ち着いてゆっくりと申し込み手続きや、スマートフォンの動作確認までできます。

「arrows M05」は、24か月分割払いで総額34,800円。
端末料金が含まれる24か月間は3,650円/月、以降は2,200円/月。
これには、スマホ端末料金、データ通信3GB、BIGLOBEでんわで1,080円分の国内通話(最大60分)が含まれます。

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE

★★シニア向け機種「arrows M05」が他社に比べて安い★★

「arrows M05」16,390円。
さらに他社からの乗り換え「MNP」で5,000円OFF!とスマホ本体の価格がお買い得です。

ままろいどをフォローする
シニアのスマホ

コメント

タイトルとURLをコピーしました