Amazonで自費出版ができるようになった!

ライフスタイル

Kindle用電子書籍を販売する「Kindleストア」日本版が25日オープンしたが、それに合わせて、Kindle向け電子書籍を自費出版できる「Kindleダイレクト・パブリッシング」の日本版がスタートしました。

 

Amazonのアカウントでログインし、会社(出版社)情報、ロイヤリティ支払い先の銀行口座などを登録すれば、自費出版が可能になります。

 

出版したい本のタイトル、表紙画像、価格(円、米ドル、ポンド、ユーロで設定可能)、DRMの有無、販売地域などを設定し、電子書籍データをアップロードすると、Kindleストアで販売できるようになります。

 

サポートされているファイル形式は、HTML、ePub、XMDF です。Wordファイルも試験的にサポートしているようです。

出版は無料で、書籍が売れると、ロイヤリティとして売り上げの35%を受け取ることができます。

また、ロイヤリティを70%に設定することも可能。その場合は販売地域が限定されたり、ファイルサイズごとに設定された「通信コスト」が売り上げから控除されるといった条件が付くようです。

 

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング

※情報をいちはやくお届けするためにTwitterをフォローして頂けると嬉しいです! dekoKei(@dekoppon)|Twitter

ライフスタイル
シニア向けスマホ会社おすすめランキング
楽天モバイル
楽天モバイル

・3カ月無料キャンペーンでユニバーサルサービス料も無料に
・データー容量1GBまで0円
・通話も「Rakuten Link」アプリを使えば0円
・さらに無制限に使ってもMAX2,980円(3,278円)まで。使った分だけのお得&安心料金

Y!mobile(ワイモバイル)
ワイモバイル

・実店舗数が多い
・@ymobile.ne.jpのキャリアメールが無料でついている
・ソフトバンクのサブブランド

UQモバイル
UQモバイル

・余ったデータ容量を翌月に繰り越し可
・@uqmobile.jpのキャリアメールあり(ただし有料)
・auのサブブランド

イオンモバイル
イオンモバイル

・全国イオンでアフターサービス対応
・60歳以上限定「やさしいプラン」あり
・LINEの年齢確認に対応しID検索が可能

ビッグローブモバイル
ビッグローブモバイル

★★自宅で落ち着いて契約できる「ご自宅出張申し込み」サービス★★

自宅まで訪問員が出張してくれるサービスがあるので、自宅で落ち着いてゆっくりと申し込み手続きや、スマートフォンの動作確認までできます。

「arrows M05」は、24か月分割払いで総額34,800円。
端末料金が含まれる24か月間は3,650円/月、以降は2,200円/月。
これには、スマホ端末料金、データ通信3GB、BIGLOBEでんわで1,080円分の国内通話(最大60分)が含まれます。

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE

★★シニア向け機種「arrows M05」が他社に比べて安い★★

「arrows M05」16,390円。
さらに他社からの乗り換え「MNP」で5,000円OFF!とスマホ本体の価格がお買い得です。

ままろいどをフォローする
シニアのスマホ

コメント

タイトルとURLをコピーしました