楽天モバイルでの通話に有料「10分通話かけ放題」オプション登場。無料「Rakuten Link」との違いは?

楽天モバイル

楽天モバイルは8月27日、新たにオプションとして「10分(標準)通話かけ放題」の提供を始めました。これにより、楽天モバイルの通話は有料の「10分通話かけ放題」と無料の「Rakuten Link」の2種類に。それぞれの主な特徴をチェックしてみます。

楽天モバイル 有料「10分(標準)通話かけ放題」

楽天モバイルのオプションサービス「10分(標準)通話かけ放題」は1,100円/月。通話時間が10分を超えた場合、30秒につき22円の通話料が発生します。

OS標準アプリでの1回10分以内の国内通話がかけ放題、国内SMSが送信し放題になります。VoLTEを使用するので、音質が安定しておりクリアな通話が可能です。

(※OS標準アプリとは、初めからスマートフォンに導入されているアプリのこと。ユーザーがそのまま利用できます。)

この有料オプションは「仕事や大事な電話にはスマホOS標準の電話アプリを使いたい人」向けに設けられたとのことです。

楽天モバイル 無料「Rakuten Link」

楽天モバイルでは、無料で通話やメッセージの送受信ができるアプリ「Rakuten Link」をすでに提供しています。

「Rakuten Link」は、Rakuten Linkアプリを利用していないスマホや固定電話への通話や、海外から国内への通話もかけ放題。しかも無料です。

難点は、iPhoneを使用している場合、Rakuten Linkでは着信できず、iOS標準の電話アプリへの着信となること。つまり、そのまま折り返し電話すると有料になってしまうので、無料通話をしたい場合は、改めてRakuten Linkアプリを開いて、かけ直す、という作業が発生します。

また、iPhoneでは、Rakuten Link以外とのSMSも送受信できません。

iPhoneユーザーの場合は、「Rakuten Link」にやや不自由さを感じるかもしれませんが、無料で通話ができるということは、大きなメリットです。

なお、有料「10分(標準)通話かけ放題」オプションと、無料の「Rakuten Link」は併用できます。ビジネスや大切な通話が多い方は、安定してよりクリアな音質で電話できる有料オプションを検討されるといいかもしれません。

※情報をいちはやくお届けするためにTwitterをフォローして頂けると嬉しいです! dekoKei(@dekoppon)|Twitter

楽天モバイル
シニア向けスマホ会社おすすめランキング
楽天モバイル
楽天モバイル

・3カ月無料キャンペーンでユニバーサルサービス料も無料に
・データー容量1GBまで0円
・通話も「Rakuten Link」アプリを使えば0円
・さらに無制限に使ってもMAX2,980円(3,278円)まで。使った分だけのお得&安心料金

Y!mobile(ワイモバイル)
ワイモバイル

・実店舗数が多い
・@ymobile.ne.jpのキャリアメールが無料でついている
・ソフトバンクのサブブランド

UQモバイル
UQモバイル

・余ったデータ容量を翌月に繰り越し可
・@uqmobile.jpのキャリアメールあり(ただし有料)
・auのサブブランド

イオンモバイル
イオンモバイル

・全国イオンでアフターサービス対応
・60歳以上限定「やさしいプラン」あり
・LINEの年齢確認に対応しID検索が可能

ビッグローブモバイル
ビッグローブモバイル

★★自宅で落ち着いて契約できる「ご自宅出張申し込み」サービス★★

自宅まで訪問員が出張してくれるサービスがあるので、自宅で落ち着いてゆっくりと申し込み手続きや、スマートフォンの動作確認までできます。

「arrows M05」は、24か月分割払いで総額34,800円。
端末料金が含まれる24か月間は3,650円/月、以降は2,200円/月。
これには、スマホ端末料金、データ通信3GB、BIGLOBEでんわで1,080円分の国内通話(最大60分)が含まれます。

OCN モバイル ONE
OCN モバイル ONE

★★シニア向け機種「arrows M05」が他社に比べて安い★★

「arrows M05」16,390円。
さらに他社からの乗り換え「MNP」で5,000円OFF!とスマホ本体の価格がお買い得です。

ままろいどをフォローする
シニアのスマホ

コメント

タイトルとURLをコピーしました