サービス残業でうつ病になる前に。証拠に使える弁護士作成アプリ「残業証拠レコーダー」

サービス残業でうつ病になる前に。証拠に使える弁護士作成アプリ「残業証拠レコーダー」

残業代が請求できず、泣き寝入りしていた人、サービス残業が多いと感じている人に、試してほしいアプリがあります。

アプリ名は「残業証拠レコーダー」。

 

残業レコ_2

弁護士が作成したアプリで、証拠に使えるそうです。

さて、証拠に使える記録とは、どのようなものなのでしょうか?

証拠としての価値にこだわりをもったアプリ「残業証拠レコーダー」

やはり一番の心配は、その記録が証拠として認められるかですね。

そこは、弁護士がプロデュースしているので、ぬかりありません。

弁護士が、労働基準法や実際の示談・裁判の流れをもとに開発されているとのことです。

残業レコ_1

GPSを使って実際の残業時間計測

まずは、実際の残業時間の計測をGPSを使って行います。

記録はサーバーに保管。容易に書き換えできない、または書き換えした記録が残るしくみだそうです。

残業代概算シミュレーション

約10個の簡単な質問に答えるだけで、「法律上、残業代を請求できるか」「残業代は、いくらぐらいか」がわかります。

「裁量労働だから残業代は出ない」等、ブラック企業の嘘を見破ることができます。

残業レコ_3

失業保険の請求や、労災の認定にも活用できる「残業証拠レコーダー」アプリ

失業保険では、自主退職と、会社都合退職では、給付される金額が異なります。

自主的に退職した人方でも、一定時間以上の残業をしていた証拠があれば、会社都合退職と同じ扱いを受けることができます。その認定にも、このアプリが活用できます。

また、長時間残業でうつ病を発症してしまった場合の労災認定でも、記録を証拠として使えます。

 

 

一寸先は闇。明日には何が起きるかわかりません。自分の身を自分で守るための手段として、試してみたいアプリですね。

 

なお『残業代概算シミュレーション』は、ウェブサイト( http://zanreko.com )でも使えます。

【アプリ概要】
アプリ名  : 残業証拠レコーダー(残レコ) – 残業代推計・証拠確保アプリ
利用料金  : 無料
対応端末  : Android OS 4.0以上
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.zanreko

iPhone版は6月上旬リリース予定

役立つ・便利カテゴリの最新記事