8月から郵便局で格安スマホ販売スタート「arrows M03」×「IIJmio」

格安スマホ

日本郵便は8月1日から、格安スマートフォンの販売を始めます。

郵便局で販売される格安スマホの詳細

郵便局での格安スマホの販売スタイルは、郵便局内に専用カタログが設置されるというもの。

しかし、その場で申し込みができるわけではなく、IIJのスタッフが対応する郵便局専用の電話ダイヤルに、ユーザーが申込書を請求して、申し込みます。

申し込むと、面倒な初期設定は済んだ、スマートフォンにSIMカードが挿入された状態で配達され、届いた状態ですぐに利用できるようになっているとのことです。

 

機種は富士通の「arrows M03」

arrowsM03_1

富士通製のスマートフォン「arrows M03」。本体価格は32,800円(分割払いの場合1,380円×24回)。

電池が3日もつという長持ちが特徴のスマホです。

富士通製のスマートフォン「arrows M03」公式サイト

 

1,600円/月の「IIJmio」の音声通話SIM

ミニマムスタートプラン

郵便局で取り扱われるプランは、IIJmioの「ミニマムスタートプラン」の音声通話機能付きSIMです。

月間3GBのデータ容量が利用でき、月額1600円(税抜)。

初期費用として3,000円が別途必要です。

特典として、解説ブック「格安スマホ入門」がプレゼントされます。

IIJmio「ミニマムスタートプラン」公式サイト

 

 

 

郵便局での格安スマホの取り扱いは、岐阜、愛知、静岡、三重の郵便局(2050局)から開始され、今後順次、全国の郵便局で展開予定です。。

日本郵便は、電気通信事業者として必要な届け出は総務省に行わず、IIJのスマホを取り次ぎ、IIJから契約数に応じた手数料を受け取る形。端末展示は郵便局ではありません。

スマホの普及率が低い高齢者や主婦層向けに、2020年までに100万回線の契約を目指すとのことです。

 

格安スマホ
スマホの料金を安くするならココ!格安スマホおススメランキング
楽天モバイル
楽天モバイル

1、通話+データ完全1年「無料」その後も1GBまでずっと0円(1年無料キャンペーン受付は4/7(水)終了)
①データ使い放題で、1年間無料。
②楽天LINKアプリを使って電話すれば、電話料金も無料。固定電話にも無料でかけらる。
③さらに1年たった後も1GBまでなら0円。超えても2,980円まで。使った分だけのお得&安心料金

IIJmio
IIJmio

1、「eSIM」利用可能。しかもeSIMの料金は2GBが月額400円~と激安!
2、最大10回線までデータ容量のシェアが可能
3、余ったデータ容量の翌月への繰り越し可能
4、LINE年齢認証可能
5、6月から5Gも無料
6、デュアルSIMのiPhoneなら、楽天モバイルの1GB以下の料金が0円と、この2GBまで400円を組み合わせると3GBまでが400円で利用できる!しかも、「Rakuten Link」を使えば通話料も無料。

Y!mobile(ワイモバイル)
Y!mobile(ワイモバイル)

1、「eSIM」利用可能
2、2回線目から家族割で▲1080円適用。3GB900円。
3、家族割は、同居の家族だけでなく、遠くの親戚、同居している恋人やパートナーでも対象
4、実店舗があるので対面サポートがうけられ安心

スマジョをフォローする
スマ女(初心者のためのスマートフォン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました