あっ!鍵が…財布が…スマホがないっ!をなくせる、紛失防止タグ「tile」を使ってみた

あっ!鍵が…財布が…スマホがないっ!をなくせる、紛失防止タグ「tile」を使ってみた

あ~電車の時間、ヤバい…

そんな時に限って、自転車の鍵が見つからないっ!

 

カギの定位置はあるのに、なぜか鞄や洋服のポケットに入ったままだった、ということが、ときどき起こります。

 

スマホから、見つからない鍵を探せる

「次からは、キチンと定位置に戻しておこう」

と、その時は決心するのですが、ないない事件は、またやってくる…。

 

自分の頼りない学習能力を、強力に助けてくれるのが「紛失防止タグ」。

 

失くしやすい鍵や財布につけておけば、スマホから音を鳴らして、「ここにあるよ~」と教えてくれます

タグからスマホを探せる

また、スマホが行方不明のときは、タグを2度押しすると、スマホからメロディが流れ、場所を教えてくれます。

スマホをマナーモードにしていても、

自動的にマナーモードが解除され、音が鳴るので助かります。

音は、スマホの通知をタップすると止まります。

設定が簡単「tile」の使い方

Amazonで紛失防止タグ「Tile Mate」を注文。

本体とスタートアップガイドが同封されています。

まずは、「tile」のアプリをダウンロードします。スタートアップガイドにもアプリストアのQRコードがあります。

「tile」アプリの設定

1、メールアドレスもしくはFacebookで登録します

2、メールアドレスで登録してみます。アドレスとパスワードを入力。

3、Bluetoothと位置情報をONにします。

 

4、購入したtileをスマホに登録します。「Tileを追加」をタップ。

認証コードが登録のメールアドレスに届くのでそのコードを入力。

ペアリングが成功すると、音が鳴ります。

5、tileに名前をつけます。今回カギにつけるので「カギ」を選択。

以上で設定は完了です。

とくに難しいところはなく、1分ほどでできました。

落とした場所がわかるコミュニティ機能

もうひとつ、万が一落としてしまった時、その場所が探し出せる「コミュニティ機能」もあります。

これは、落としたモノの近くをtileユーザーが通ると、それを検知して、場所を通知してくれるというもの。

自分のスマホが電源オフになっていても、大丈夫

 

その場所がわかるのは、自分だけで、検知したユーザーも特定されません

 

どれぐらいのメンバーがいるのかは、アプリを立ち上げると、下部に近くのメンバー数が表示されます。

 

充電が不要なところはありがたいのですが、電池の入れ替えができないところが残念。

1年間の使い捨てと考えたほうがよいでしょう。

 

お財布を落としやすい人は、財布の中に忍ばせておくと安心。

サイズは

34×34×4.65mm。6.1g。

 

これで、探し物をしていた無駄時間が短縮されますね!

 

 

Tile Mate(Amazon)

アクセサリーカテゴリの最新記事