ソフトバンク「eSIM」提供開始。メリット、デメリット、注意点

ソフトバンク SoftBank

ソフトバンクが、eSIMの提供を、2021年7月14日に開始しました。

ソフトバンク「eSIM」とは

eSIMとは、embedded Subscriber Identity Moduleの略で、物理的なSIMカードではなく、スマホなどに遠隔で書き込むことができる組み込み式のSIMです。

私は現在、楽天モバイルとIIJmioのeSIMを利用しています。

実際に使っている立場からのメリット、デメリットをチェックしてみます。

ソフトバンク「eSIM」のメリット

「eSIM」のメリットは主に2つあります。

すぐに使える

今までの物理的SIMは、USIMカードの到着を待たなければなりませんでした。

しかし「eSIM」は申し込んでから開通まで最短で1時間程度。

使いたい!と思ったらすぐに使えるところがメリットです。

iPhoneなどで「デュアルSIM」が使える

そしてもう1つ。

1つのスマホで2つのSIMを搭載できる「デュアルSIM」での利用が可能になります。

iPhoneはこの「デュアルSIM」を採用していますので、2つの通信会社の契約を1つのスマホに入れることが可能。これにより、各社のプランのいいとこどりができるようにもなります。

ソフトバンク「eSIM」のデメリット

店舗では機種変更時にも手数料がかかる

eSIM発行にあたっては、事務手数料が3,300円(税込)かかります。

この金額自体は物理的SIMとは変わりません。

しかし、eSIMは、SIMの入れ替えが自分ではできません。

物理的SIMなら、USIMカードを抜き取り、新しいスマホに差し込めば、他のスマホにも使えました。

しかし、eSIMはこれができません。

他のスマホで使いたいときには、その都度事務手数料が3,300円(税込)かかります

つまり、新規契約、機種変更、eSIM再発行には、事務手数料として3,300円(税込)かかります。

物理的SIMのUSIMカードは、新規契約時のみ事務手数料がかかりますが、eSIMはスマホを変えるたびに3,300円かかってしまいます

eSIMは使ってみると、この点がものすごく不満を感じるところ。

ただし、オンラインショップ、My SoftBankにてeSIM発行を手続きした場合、事務手数料は無料です。

eSIMを契約するときには、この点を十分に理解しておかないと、余計な維持費がかかってしまいますので、ご注意を!

手数料なしの楽天モバイル

いちはやくeSIMを導入した楽天モバイルは、手数料を撤廃し、0円にしました。手数料がなくなっただけで、eSIMはとても手軽に、便利に使えるようになりました。個人的にはeSIMを試したいなら、楽天モバイルで試すことも検討されてみてはいかがでしょうか。

SoftBank
スマホの料金を安くするならココ!格安スマホおススメランキング
楽天モバイル
楽天モバイル

1、通話+データ完全1年「無料」その後も1GBまでずっと0円(1年無料キャンペーン受付は4/7(水)終了)
①データ使い放題で、1年間無料。
②楽天LINKアプリを使って電話すれば、電話料金も無料。固定電話にも無料でかけらる。
③さらに1年たった後も1GBまでなら0円。超えても2,980円まで。使った分だけのお得&安心料金

IIJmio
IIJmio

1、「eSIM」利用可能。しかもeSIMの料金は2GBが月額400円~と激安!
2、最大10回線までデータ容量のシェアが可能
3、余ったデータ容量の翌月への繰り越し可能
4、LINE年齢認証可能
5、6月から5Gも無料
6、デュアルSIMのiPhoneなら、楽天モバイルの1GB以下の料金が0円と、この2GBまで400円を組み合わせると3GBまでが400円で利用できる!しかも、「Rakuten Link」を使えば通話料も無料。

Y!mobile(ワイモバイル)
Y!mobile(ワイモバイル)

1、「eSIM」利用可能
2、2回線目から家族割で▲1080円適用。3GB900円。
3、家族割は、同居の家族だけでなく、遠くの親戚、同居している恋人やパートナーでも対象
4、実店舗があるので対面サポートがうけられ安心

スマジョをフォローする
スマ女(初心者のためのスマートフォン)

コメント

タイトルとURLをコピーしました