携帯・スマホ解約違約金が上限1000円に

携帯・スマホ解約違約金が上限1000円に

日本経済新聞によると、携帯・スマホの解約違約金が大幅に安くりそうです。

(出典:携帯違約金、上限1000円 「2年縛り」大幅下げ

現行9,500円が1,000円以下に

現在、大手キャリア3社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)ともに、解約月以外の時期に契約を解約すると、違約金が9,500円かかります

これが、秋ごろに上限1,000円、つまり1,000円以下に引き下げる予定。

これは、政府が検討する携帯電話の利用料を巡る抜本対策によるもの。携帯料金を議論する総務省の研究会に抜本対策を示し、今夏をメドに答申をまとめ、秋までに省令を改正するとのことです。

料金が安い他社に乗り換えやすくするためとのことですが、記事によると、10月の楽天携帯事業参入を見据えて、とあります。

携帯・スマホ端末は安くならない?値引きが厳しくなりそう

違約金が安くなることは朗報ですが、一方、端末料金を安く購入することは難しくなりそうな内容も。

それは、携帯端末の値引きを制限するというもの。

端末の値引き上限が2万円に設定されます。

現在は、ある程度の縛りを設けて、端末を安く提供しているキャリアもあります。10万円以上もするiPhoneを購入しやすくするために実質価格でかなりの割引を行っている店舗も、秋以降は最大値引き額が2万円になりそうです。

個人的には、総務省が絡むと、私たちユーザーのお財布から出ていくお金が増えていく一方のように感じていますが、皆さんはいかがでしょうか。

スマホ一般カテゴリの最新記事