「今連絡していいよ~」とヒマを通知するアプリ「ON」

「今連絡していいよ~」とヒマを通知するアプリ「ON」

「今、連絡OKだよ~」と相手に通知するアプリが登場しました。

ヒマをシェアするアプリ「ON」

「ON」は、ヒマな時に好きな友達を選んで「ON」ボタンを押せば、選んだ友達にプッシュ通知で「◯◯さんがONになりました」と伝えられるアプリ。

on1

 

友達をグループ分けすることができ、グループに参加している全員に同時にON通知できるというもの。

軽い挨拶「Hi」という機能はあるものの、メッセージはLINEなどでやってくださいよ、ってことなので、今、メッセージを送ったら、すぐ返事が来るかどうか、メッセージを送る前の、相手の様子をうかがうためのアプリ、ということでしょうね。

LINEとの違いは、グループ分けが相手に知られないということ。自分で勝手に友達を振り分けることができるところが最大のメリットのようです。

プレスリリースによる、開発の経緯が、ちょっと気になったのでご紹介。

ONのグループ分けは相手に伝わりませんので同時に一瞬でアプローチすることが可能となります。唯一誘いたいあの人にだけONをした場合でも相手は「わたし以外にもONを送ってるだろう」と考えるはずですので返事が無くてもユーザーが傷つくことは無くとても便利なアプリだと考えております。

引っかかったのは「ユーザーが傷つくことはなく」というフレーズ。

ONにするということは、相手と今、連絡したいという気持ちがあってのこと。

なのに、相手から連絡がこないと、それはそれで、嫌なんじゃないかなぁ。

LINEの既読さえ、気になって仕方がなくなっちゃうのに、リアルタイムでONがわかるのは、どーなんでしょ?本当に傷つかない?

今、連絡していいのか、相手の都合を知りたいときもあるので、使い方によっては便利なのでしょうが、ONが頻繁に通知されるのも、それはそれで心配の種が生まれそうな気配が…。コミュニケーションにおいて、傷つく、傷つかないは、相手との関係性なので、アプリを使ったからうまくいく、なんてことは期待薄。

この手のコミュニケーションアプリの成否は、インストール数。相手がアプリをインストールしてくれないと、ひとりでは使えないところが、長所でも短所でもあります。どこまで伸ばせるか鍵ですね。既発のコミュニケーションアプリのアドオンだったら使うかも、というのが第一印象ですが、皆様はいかがでしょうか?

 

とはいえ、無料のアプリなので、気になった方は使ってみてください。

 

 

 

 

 

 

メッセージ・チャットカテゴリの最新記事