NFT「スナップショット」って何?スナップショットのとり方

NFT

NFTのコミュニティで「スナップショットをとります」というワードを見かけます。

この意味がよくわからない、という人のために説明いたします。

NFTの「スナップショット」とは

スナップショットとは、ウォレットアドレスの一覧を取得することです。

「この日にスナップショットを取ります」

というアナウンスがあったら、該当日時時点の当該NFTホルダーのウォレットアドレスリストを運営側が取得するということです。

これにより、WL(ホワイトリスト)やエアドロップなどの権利者を確定させることができます。

「スナップショット」の取り方

「スナップショット」はコレクションのオーナーだけではなく、誰でも取得できちゃいます。

たとえば、CNPでみてみます。

手順は簡単、4ステップです。

  1. 取得したいコレクションのOpenSea画面にあるEtherscanマークをクリック。
  2. Etherscanにアクセスしたら、コレクション名をクリック。
  3. Holdersタブをクリック。
  4. 最下部にあるDownload CSV Exportをクリック。

それでは順にやってみます。

1、Etherscanにアクセスする

2、コレクション名をクリック

3、Holdersタブをクリック

4、Download CSV Exportをクリック

これで、ホルダーのウォレットアドレスの一覧がすべて取得できます。

スナップショットと聞いて、スマホで画像をパシャリととるのかな?なんて思ってもやもやしていましたが、知れば簡単なこと。スッキリしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました