カカオトークって、どうよ。LINEとのスタンプの違い

カカオトークって、どうよ。LINEとのスタンプの違い

カカオトークとLINE。

似ているようで、一味違います。

そこで、LINEとカカオトークのスタンプについて比較してみました。

スタンプのサイズはLINEの方がカカオトークより大きい

トークといえば、やはりスタンプ。スタンプは、その使い方がキモですね。

しかし、連投すると、トークが見にくくなってしまう難点(?)があります。

そこで、カカオトークとLINEのスタンプのサイズを見てみました。

 

私のスマホの画面にはLINEのスタンプは3つカカオトークのスタンプは4つ並べることができます。

カカオトークのスタンプはLINEに比べて少々小ぶりです。

LINEも絵文字とスタンプの中間のような、どちらにも使える小ぶりのスタンプを登場させましたが、小さいほうがスクロールしなくても、トークが見えるので、使い勝手がいいときもありね。

一度スタンプを確認できるカカオトーク

「あれっ!スタンプ間違えて送っちゃった!」そんなことありませんか?

LINEでスタンプを選ぼうとスクロールさせているうちに、指がスタンプに触れて、意図しないスタンプが投稿されてしまうことが度々ありました。

その点、カカオトークは一度入力窓に表示され、投稿ボタンをタップしないと送れないので、スタンプの確認ができます。

スタンプの押し間違いがある人は、カカオトークの方が便利かも…。(←私です…)

動くスタンプ、喋るスタンプがあるカカオトーク

カカオトークにはLINEにはない「動くスタンプ」「喋るスタンプ」があります。

「動くスタンプ」はタップすると上下左右にちょっと揺れます。

「喋るスタンプ」はタップすると短い音声が流れます。

ただ「動くスタンプ」と「喋るスタンプ」は枠内に入るスタイルです。

スタンプというより、絵文字?

カカオトークの中の人も「なんで枠内なんだろう」って言っていたので、これらが、いつの日か、枠から飛び出てくれると期待しているんですけれど、ね。

 

カカオトークINDEX

LINE INDEX

Kakao Talkカテゴリの最新記事