iPhoneのホームボタンが効かなくなる前に

    公開日:
  • iPhone
iPhoneのホームボタンが効かなくなる前に

iPhoneのホームボタンは、ホームに戻るときをはじめ、開いているページやアプリを閉じるときにも使います。

ホームボタン

これだけよく使うと、真っ先に効きが悪くなりそうですね。

このホームボタンを、画面上に設置して、ホームボタンの物理的な消耗を減らす方法をご紹介します。

iPhoneホームボタン、音量ボタンを画面上に表示させる「AssistiveTouch」

「AssistiveTouch」を使えるようにすると、下記画像のように、画面上でホームボタンなど、作動させることができます。

ホームボタン4

iPhone「AssistiveTouch」の設置方法

1、設定>一般>アクセシビリティを開きます

ホームボタン2

2、アクセシビリティをタップ。「AssistiveTouch 」を開き、ボタンをタップしてON(緑色)にします。

ホームボタン1

3、ホームボタンを押して、ホーム画面に戻ると、ボタンが表示されています。

ボタンにタッチしたまま、指をスライドさせると、自由に場所を動かすことができます。

ホームボタン6

「AssistiveTouch」でできること

1、通知センター

通知センターの表示ができます。

2、デバイス

①画面のロック(長押しをすると、電源を切ることができます)
②画面の回転
③消音の解除
④音量の調節
⑤シェイク(入力の取り消しの操作など)
⑥マルチタスク画面の表示
⑦スクリーンショットの撮影
⑧ジェスチャ機能の利用(特定の画面操作)

3、コントロールセンター

コントロールセンターを表示します。

4、ホーム

ホームボタンを押した時の操作ができます。

5、Siri

Siriを立ち上げ、利用できます。

6、よく使う項目

よく使う項目を登録しておくことができます。

 

ホーム画面へ戻る操作のほか、立ち上げている画面を閉じるとき、スクリーンショット撮影など、とても便利に使えます。

ぜひ設置してみてください。

 

 

iPhoneカテゴリの最新記事