iPhoneのバッテリー交換プログラム、いつしたらいい?自分のバッテリー状態確認

    公開日:
  • iPhone
iPhoneのバッテリー交換プログラム、いつしたらいい?自分のバッテリー状態確認

AppleがiPhoneの性能劣化問題で開始した「iPhoneのバッテリー交換プログラム」。アップルストアでは多くの人が訪れ混雑し、交換のためのバッテリーが不足して交換には時間がかかるという報道も。

また、交換に訪れた人のバッテリーの多くは交換の必要がないものだったというストアの人の話も紹介されており、自分のiPhoneのバッテリー状態がどうなのか気になったので、確認方法をチェックしてみます。

「iPhoneのバッテリー交換プログラム」とは

iPhone 6 以降のモデルのバッテリー交換が、3,200円(AppleCare+ の保証対象の場合は0円)でできるというもの。

通常のバッテリー交換は8,800円。

これは、Apple社がiPhoneのバッテリーの劣化に合わせて、その性能をユーザーに通知することなく勝手に落としていた問題についての対応策です。

このプログラムは、2018 年 12 月 31 日までの間、 iPhone 1 台につき 1 回限りとなっています。

自分のiPhoneのバッテリー状態を調べる

3200円で交換できるのは1回限りなので、自分のバッテリー状態によっては、12/31ギリギリのほうがお得かもしれませんね。

まずは自分のiPhoneのバッテリー状態を確認したいところ。

以前はAppleサポートという公式アプリで確認できたようなのですが、現在は対象機種は無条件で交換に応じるという対応から、確認作業は省略され、いきなり交換の手順に飛んでしまいます。

そこで、他のアプリを使って確認してみます。

自分のiPhoneのバッテリー状態を調べるアプリ「Battery Life」

バッテリー状態を調べるのに使ったのが「Battery Life」。インストールするとすぐに状態を表示してくれます。

交換目安は20%減。本来の80%未満に劣化が替え時

自分のバッテリー状態はわかったものの、ではいくつになったら、替え時なのか?

そのひとつの目安はApple社が推進する「バッテリーの蓄電容量が本来の80%未満に劣化」したとき。

iPhoneのバッテリーは、フル充電サイクルを500回繰り返した時に、本来の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されているとのこと。

ワタシのiPhoneは、まだ大丈夫そうなので、年末近くに交換することを検討したほうがよさそうです。

iPhoneのバッテリー交換をするには

バッテリー交換は配送修理もしくは店舗での持ち込み修理での対応。

Appleサポートアプリ

iPhoneにAppleサポートアプリをインストールしておくと手順がわかりやすいです。

「続ける」をタップすると連絡するための画面が表示されます。

 

まだ交換はしないので、その先には進みませんでしたが、ショップの混雑状況など、しばらく様子をみて秋ごろには交換したいと思っています。

 

iPhone のバッテリー交換(Appleサポート)

iPhoneカテゴリの最新記事