NTTドコモは、個人向け「はなして翻訳®」と、企業向け「はなして翻訳 for Biz®」、海外向け「Jspeak®」を統合し、2019年4月1日(月曜)から無料で提供開始することを公表しました。

これはドコモの契約者でなくても、だれでも利用できるサービスになります。

ドコモ「はなして翻訳」とは

画像はリニューアル前のもの

今回リニューアルするドコモの「はなして翻訳」では、「対面翻訳」「電話翻訳」「うつして翻訳」といった機能が使えます。

対面翻訳

スマートフォンやタブレットを利用し、目の前にいる外国の方と会話することができる機能。

電話翻訳

通話中の声を翻訳し、通話相手と母国語同士で会話することができる機能。

ただし、電話翻訳はNTTドコモと契約しているユーザーのみ利用が可能。

うつして翻訳

カメラで撮影した外国語の看板の文字などを日本語に翻訳し、画面に表示させる機能。

外国語の勉強にも

日本語でマイクに向かって話した内容が、翻訳され、その右端のスピーカーマークをタップすると、音声で翻訳された文章を聞くことができます。

外国語の勉強にも役立ちそうですね。

12カ国語に対応

 

現在10か国語に対応していますが、4/1からは12か国語対応になります。

 

実際に外国語対応が求められる企業でも導入されている翻訳アプリが無料だなんて、ちょっと嬉しい。

東京オリンピックに向けて外国語の勉強をするのもよし、話しかけたときの助けにするのもよし。

スマホの中に入れておくいてはいかがですか~

 

docomo はなして翻訳