DeNAの無料通話アプリ「comm」は、LINEに似てるけど、どうよ。

    公開日:2012年10月23日  
  • comm
DeNAの無料通話アプリ「comm」は、LINEに似てるけど、どうよ。

DeNAが10月23日、スマートフォン向け無料通話アプリ「comm」(コム)を、リリース。

日本や欧米、アジアをはじめとした世界204の国と地域で公開した。

 

ざっくり、LINEと比べてどうなのか?

 

DeNAが「comm」の特徴とあげているのが、高品質でクリアな音声と、実名制。

まず、高品質は、「通話がとぎれず、相手の声がしっかりと聞こえる」品質を実現したんだとか。

早速使ってみたが、なかなかクリア!

うん。無料通話のなかでは、いちばんいいかも。

 

次に実名制。

これはFacebookをかなり意識しているとみられる。というか、Facebookのアカウントでも登録できるようになっている。

で、検索もできるようになっている。

初期設定では、検索に引っかかるようになっているので、名前をさらしたくなければ、登録後、すぐに設定から「プライバシー管理」の友達検索を「OFF」にすべし!

 

トークはスタンプもあり、かなりLINEを意識している。

LINEと違うのは、まだアプリを始めていない友だちとも無料で簡単にメールを送ることができること。
相手から受信したメッセージがトーク画面に表示されるので、このアプリ一つで誰とでもコミュニケーションができる点がLINEと違う。

 

「本サービスはニックネームやサービス固有のID(検索などで用いられるキー)を使用せず、実名での利用を前提として設計されており、ユーザは家族や親しい友人など、連絡をとりたい相手を実名で検索し「友だちリスト」に追加する事によって、コミュニケーションを楽しむ事ができます。」とリリース文でも、LINE(と思しき)のID制について触れている。

 

さらに、「今まで「Mobage」など既存の運営サービスではリーチが難しかったユーザ層にも利用いただく事で、自社が運営するサービス群におけるユーザベースの拡大をグローバル規模で行う予定です。将来的には「Mobage」や「ビッダーズ」など自社の運営する様々なプラットフォームと『comm』の連携を図る事によって、自社が運営し保有するサービスにおける相互価値の向上を予定しています。」と、今後、DeNAが誇る「Mobage」との連携への展開も示唆している。

 

軽く使ってみた感じでは、通話はクリアでいい。

あとは、セキュリティがどうなっているのか、かな。

 

いま、いちばん熱いのは、この無料通話サービスの分野なのかもしれない。

NHN Japanの「LINE」を中心に、韓国KAKAO Corporation傘下でヤフーが出資を決めた「カカオトーク」、Microsoftの「Skype」、Viber Mediaの「Viber」など、無料通話サービスの周辺は騒がしくなってきた。

 

今後この戦いがどのように展開していくのか。

「comm」が「Mobage」とどうつながっていくのか、そのあたりから目が離せない。

 

 

 『LINE』『comm』『カカオトーク』比較③<違い・特徴・使い分け>

 

 

commカテゴリの最新記事