「ランサーズやクラウドワークスは単価が安いから適さない」に激しく同意した本

「単価」を2倍にして、働く時間を半分にする

このキャッチ、気になって「半年だけ働く。」読んでみました。


筆者は、ITコンサルタント。

 

この職業を見ただけで「ふぅ~ん、ライターとは違うわぃ」

と、ちょっと反感。

フリーランスは自分自身の単価コントロールが肝

だけど、

自分自身の単価コントロールが肝

という一文には、激しく同意しました。

 

そのためには、条件の悪い案件は一切受けない覚悟が重要

とのこと。

単価の高い案件は直接採用

また、仕事のとりかたとして、インターネット上で不特定多数の人に業務を委託するサービスは単価が安い案件が多いので適さない、とも。

その具体例として「ランサーズ」や「クラウドワークス」があげられています。

 

単価の高い案件は、直接の面談を通して採用が決まるので、オンラインだけで完結するクラウドソーシングには向いていないとのこと。

 

最近、こういったサービスの広告塔として「○○円稼ぎ、成功しました」

といった内容を目にすることがあります。

 

この手の内容は、見事にフリーランスの心をくすぐり、

「えっ!そんなにいいの?」

と、気持ちが揺れ、のぞいてみたこともありました。

 

でも、確かに単価が低い。

 

実績稼ぎには、いいサイトだけど

実績できたら、撤退したほうがいいよな、と思える内容かと。

 

「お金じゃないよ」

という人がいるかもしれませんが、

私に限って言えば、原稿料と取組姿勢は、比例します(笑)。

 

 

何が違うか、といえば、

書く前の準備段階、日常生活でのアンテナの張り方が違います。

 

真剣に考えるもんね。

 

でもそれが、次のステップに自分を連れて行ってくれるし

書いたあとの満足度も全く違います。

 

ということで、「半年だけ働く。」はフリーランスの単価を上げる肝が書かれている、業界がちと違う人が著者である本でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です