おかずも一緒にできる、1人暮らしには便利な炊飯器「 tacook」。使ってみる機会があったのでレビューします。

おかずが一緒にできるって素晴らしい!「 tacook」

「tacook」は炊飯器ですが、内釜の上に上記のようなオレンジ色のクッキングプレートを置けるようになっていて、ご飯と一緒におかずも作ることができます。

この「tacook」の優れたところは、おかずを作るのにキッチンに張り付かなくていいこと。

セットさえすれば、炊けるまで、他のことをしている時間が生まれます。

また、油を使わなくてもいいこともメリットのひとつ。

一人暮らし、または少人数の家族にはとても重宝する家電だと思います。

またファミリー向けの「tacook」もあるので、共働きのご家庭にもおすすめです。

「tacook」の付属のレシピが使えない

しかし、一緒についてくる「tacookでつくるレシピ」は「胸鶏肉のインボルティーニ」「まぐろのオイル蒸し」と最初のページからこじゃれたメニューばかり。

なに?コレ?

「使えねー」

アレンジは自分でするから、まず基本的なレシピを掲載してよね、って思うんだけど。

 

 

ということで、レシピにない肉じゃがを作ってみることにしました。

「tacook」で作る肉じゃが

 

ご飯は1人前0.5合

肉じゃがの材料:豚小間切れ、ジャガイモ、エノキ、椎茸、人参、玉ねぎと、つゆの素、水、砂糖少々

味付けは手間がかからないつゆの素を使っていますが、一般的な肉じゃがの調味料でOK。

煮えやすくするために、なるべく薄く切ってみましたが、そんなに薄くしなくても大丈夫でした。

また、最初つゆの素大さじ1と水大さじ2を入れたのですが、具材がつゆに浸ってなくて大丈夫かなぁ、と少し多めに水分を入れてしまったのですが、多めに入れなくてもOKでした。

メニューを「煮込み」に合わせて炊飯ON

出来上がり!具材から出た水分でひたひたに

朝食用に「tacook」で作る目玉焼き

卵を割り入れ、付け合わせの野菜も一緒に。「煮込み」でタイマー予約できないので、白米で予約。

具材が腐敗するといけないので煮込み予約ができないそうです。

翌朝、目玉焼きとジャガイモもホクホクに。

オレンジのクッキングプレートに卵がこびりついて、ツルンとはとれないのですが、焦げたりはしていません。

難点は、クッキングプレートについている卵を取り除いたゴミがでることぐらい。

 

 

鍋物系はすべてOKだし、チャーハンとかケーキまでできるそうで。

便利です。

一人暮らしの若者のほか、シニアにもおススメしたいですね。